症状を感じていない部位にも重要な施術ポイントがあります


Health lounge

音楽家のジストニアについて、その9


2017-02-09


ピアニストやギタリストなど音楽家におこる動作特異性ジストニアには、伸筋と屈筋とが同時に収縮する相反性抑制の消失という特徴的な所見がみられます(平・堀,2005)。ただし、通常のピアノ打鍵時においても、「意図した音を生み出すためには、関節の剛性を高めることが必要となる。この時、ある関節に向かい合って付着する筋同士、すなわち主働筋と拮抗筋は、同時に収縮する」ことが知られています(古屋,2011)。

長年にわたって繰り返される同じ演奏動作のなかで、大脳基底核を含む神経系の働きに変調が生じると、楽器を演奏するときだけ意図とは違った不随意運動が出現するようになります。この局所性ジストニアには、「大脳基底核の機能異常、皮質運動野・基底核・視床ループの過興奮、広範な感覚系の機能異常などが存在する」ことが明らかにされています(平・堀,2004)。

罹患筋から離れた部位への治療刺激

「ジストニアは一般に対症的に対処した場合でも、脳内機序が改善することがあり、末梢を含めた神経ループか発症に関与している」とされます(平,2011)。すなわち、演奏動作を制御している神経伝達回路に、末梢から治療刺激を継続して入力するとき、ジストニアを発振させているルーティーンが改変される可能性があります。そのような治療刺激は、ジストニアの罹患筋だけでなく、本来は罹患筋と協調して運動をおこない、演奏による負荷を分散している筋肉を含め、広い範囲から施すべきだと考えます。

ピアニストとピアノ初心者を比較するとき、「ピアノ打鍵動作において、指先か鍵盤を押し下げている間、ピアニストは肩を回転させることで、手を前方に押し出すように腕全体を回転させていたが、そのような動作は初心者には見られなかった」といいます(古屋,2011)。この肩から腕全体を利用する動作は、手指の働きを支援しており、手指に過度の筋力を発揮させることを回避するための役割を担っているといえます。

ジストニアに罹患した手指の働きを支援している筋肉とは、主に演奏時の姿勢を保持する役割を担っている筋肉が想定されます。姿勢が不安定では、演奏する手指に過剰な緊張をつくります。姿勢を保持する固定筋、および関節や皮膚にみられる反応点・ツボに治療刺激を施すことは、間違いを取り込んでしまった神経系の働きを是正するうえで、新たな神経細胞間のネットワークを形成するための身体的な学習を促してゆく一助になると期待されます。

固定筋の活動低下にも注目

字を書く場合にのみ手や指が硬直し、こわばって書けなくなるという書痙は、局所性ジストニアであり、大脳基底核などの機能異常によることが明らかにされています。書痙は、音楽家におこるジストニと同様の症状といわれます(平・堀,2005)。

書痙患者2症例に対する鍼治療の研究では、「健常者と比較すると、書字動作中に上肢固定筋として重要な上肢近位筋群の筋活動の低下が触診により認められた」と報告しています。そして、鍼治療により「書字動作が円滑化したことから書字固定筋である上肢近位筋群の筋活動が改善した」として、「罹患側上肢全体の筋活動異常を考慮しておこなう鍼治療は、有効な治療法だと」まとめています(井上ほか,2003)。

目崎(2011)はジストニアについて、運動に不要な筋が意図せずに駆動される通常の症状とは別に、意図する運動に必要な筋が十分に駆動されない現象がみられるとして、これを陰性ジストニアとよんでいます。そして、鍼治療は筋緊張の抑制・促通ともに可能であるため、陰性ジストニアにも対処できるといいます。ただし、陰性ジストニアの「存在については未だコンセンサスがえられていない。存在するにしても、これが通常のジストニアと同じ機序で生じているとの証拠はない」としています。

「ピアノ、ヴァイオリン、フルートなど、多くの楽器演奏では、手指の巧緻な運動制御が不可欠」です。ただし、「手指には多数の関節が存在するため、演奏時に必ずしも全ての関節が音を鳴らすための動きを生成しているわけではなく、多くの関節は、手指がある『フォーム(姿勢)』を保持するように制御されて」います。「関節がある一定の姿勢を保持するには、手指の筋は姿勢に応じた大きさの筋力を発揮し続ける必要がある」というのです(古屋,2011)。

陰性ジストニアの真偽はさておき、鍼治療の固定筋に注目した取穴は、カイロプラクティックによる矯正刺激を施す部位としても参考になります。

症状を感じていない部分への施術

ジストニア症状を呈した手指に注目するあまり、患部に物理的な治療刺激を施し続けると、その刺激は患指だけでなく、随伴して屈曲している指や代償的に伸展している指にも、同様に加わり続けるかもしれません。そうなると神経系は、どの治療刺激に反応すればよいのか分からなくなります。罹患筋に対する治療刺激は、患者さんの「ココだ」という意識と共鳴するとき望ましい効果があるものと思われます。

ただし、楽器の演奏は、書字動作以上に複雑なフォーム(姿勢)の保持を必要とします。このとき、意図するように力が発揮できない筋肉があるなら、そこは施術の対象となります。むしろ、ジストニアに罹患した筋肉だけでなく、固定筋として罹患筋の働きを離れた部位より支援している筋肉にこそ、治療刺激を施すべきだと考えます。

けれども、意図とは違った不随意運動に比べれば、患者さんは固定筋が十分に駆動されていない現象を問題とは感じていません。「なんで症状もない部位を触診したり、施術したりするの?」といぶかしく思われるかもしれません。しかし、症状を感じていない部位にも治療刺激を加える意義を、どうぞ理解いただきたく願います。


古屋晋一(2011)楽器演奏のパフォーマンスを阻害する筋収縮.バイオメカニズム学会誌,35(3):p.168-175.

井上博紀・谷万喜子・高田あや・飯塚朋子・鈴木俊明・若山育郎・吉田宗平(2003)動作分析と東洋医学的観点から考察した書痙患者2症例に対する鍼治療.関西理学療法,3:p.127-131.

目崎高広(2011)ジストニアの病態と治療.臨床神経学,51(7):p.465-470.

平孝臣(2011)ジストニアの治療の最前線.脳と発達,44(3):p.183-188.

平孝臣・堀智勝(2004)ジストニアに対する脳神経外科治療.脳神経外科ジャーナル,13(5):p.353-362.

平孝臣・堀智勝(2005)書痙の脳神経外科治療.脳神経外科ジャーナル,14(5):p.316-322.



脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み