脳には、生命を維持するための情報が全て備わっています


Health lounge

自然治癒力について、その2


2017-02-09


病気を癒す自然治癒力の働きは、フランスの生理学者であるクロード・ベルナールが提唱する「ホメオスタシス(生体恒常性)維持機構」ともいえるでしょう。ホメオスタシスとは、体内環境を一定の良い状態に維持するための働きのことです。

この生命活動の基礎となる働きにより、外からの刺激や変化に順応して、望ましい健康状態を保てるのです。ホメオスタシス維持機構は、神経系・内分泌系・免疫系が密接に関連して働いています。そのなかで神経系は、とくに重要な働きを担っています。

また、私たちに内在する病気を治す力、自然治癒力により症状は緩和し、やがて治癒するものです。ヒポクラテスは、「病は自然が治し、神は傷を癒し、我はただ包帯をするのみ。人間には偉大なる自然治癒力があり、その力を引き出すのが治療の鍵である」という言葉を残しています。

「いつまでも症状が緩和されない」「いつも調子が悪い」という方がおいでになります。ヒポクラテスの格言から察すれば、自然治癒力の働きを引き出すことができない状態にあると考えられます。さらに、クロード・ベルナールの説からみれば、外からの刺激や変化に体内環境がうまく順応できない状態にあるともいえます。

神経系のネットワークが正常に機能していない

カイロプラクティックは、脊柱の歪み・固着と神経系の働きを重視した療法です。カイロプラクティックでは、病気を癒す力(自然治癒力)の源が脳にあると考えています。脳には、生命を維持するための情報が全て備わっています。

何らかの理由で体内環境が乱れたり、組織が障害されたりすると、ただちに異常は検出され、神経を介して脳に伝えられます。脳では、集められた情報を処理して、適切な反応をするための命令を、神経を介して各組織に送ります。そして、身体各機能を総動員して修復し、正常な状態に復帰させます。このように脳と全身は、神経系のネットワークの輪で結ばれています。そして、脳からの指令が滞りなく、100%身体の隅々にまで行き渡るとき、体内の健康を維持することができるのです。

カイロプラクティックがいう健康な状態とは

カイロプラクティックでは、「脳から遠心性神経を介して組織細胞への伝達と、組織細胞から求心性神経を介して脳に帰っていく、神経サイクル」の様子が安全ピンに似ているので、安全ピンサイクルと呼ばれています。そして、常に100%のメンタルフォースが「体の隅々まで神経を介して伝達される」状態を健康だとしています(塩川,1999)。


塩川満章(1999)臨床カイロプラクティック 哲学・科学・芸術.ルネッサンス・ジャパン.p.17-18.



脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み