関節を動かす刺激は、痛みを抑制します


Health lounge

痛みについて、その2


2017-02-09


自然治癒力が導く無意識の行動には、症状を軽減して癒してゆく適切な施術へのヒントがあります。

痛みを和らげようとする無意識の動作には、「強く押さえる」「皮膚を擦る」「関節を動かす」があります。「痛い、痛い」といいながら、急性期の炎症が強い患部をもみほぐす人はいないはずです。

関節を動かすことは、自然な鎮痛行動といえます

間違って指を挟んでしまったら、どのような行動をとるでしょうか。「痛たたたたっ!!」と手首を振りませんか。なぜ、手首を振るのでしょうか?それは、手首を振るという行為に鎮痛作用があるからです。

太い神経の働きは、細い神経の働きを抑制します。運動をつかさどる神経は、痛みを伝える神経よりも太く、伝達速度が速くなっています。そのため、運動神経が働くとき、痛覚神経の働きを抑制していきます。ゆえに、手首を振るという運動が、痛覚神経の働きを抑制して、痛みを和らげるのです。これが、ゲートコントロール説です。

・ 太い線維の活動性が細い線維よりも強ければ、ゲートは閉じて痛覚インパルスは抑制される

・ 細い線維の活動性が太い線維よりも強ければ、ゲートは開いて痛覚インパルスは増強される

難しい神経生理学に基づいた鎮痛メカニズムを知らなくても、自然に手首を振り、痛みを和らげようとします。カイロプラクティックは、 手技により身体力学的な刺激(アジャストメント)を効果的に与えることで、このメカニズムを最大限に発揮させようとします。

「もみほぐす」マッサージと「関節を動かす」カイロプラクティックでは、刺激する神経に違いがあります。とくに慢性化した痛みには、積極的に関節へ運動・矯正刺激を施すことで、良い効果が期待できます。

当治療院では、脊柱の責任高位を中心として運動・矯正刺激を施したのち、深部に隠れていたコリ感が表面に浮き出てきたとき、鍼療法やマッサージによる皮膚刺激・押圧刺激をおこなっています。



脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み