過活動膀胱(尿意切迫感)

施術の要点


Treatment description

過活動膀胱とは

過活動膀胱は、排尿の意思とは関係なく、勝手に膀胱が収縮してしまう病気です。膀胱の知覚が過敏になっていて、少量の尿がたまったり寒冷刺激を受けたりすると、すぐに膀胱が反応して収縮し、急におしっこがしたくなります。この尿意切迫感という自覚症状があるとき、過活動膀胱といわれます。

高齢化が進行している現在、高齢者の排尿問題の一つとしてクローズアップされています。


施術の基本方針

施術は、排尿と蓄尿に関連する脊柱高位に現れた反応(歪み・固着・圧痛)を重視して矯正刺激を施します。そして、膀胱と周囲の組織がつくる過緊張を緩和し、小さな刺激にも反応する過敏性を軽減するように、各種マニピュレーションをおこないます。

1)仙骨(S2‐S4)への矯正刺激

2)陰部神経刺激点への押圧、マニピュレーション

3)膀胱および周辺組織への内臓マニピュレーション

矯正刺激は、仙髄排尿中枢への抑制刺激として、仙骨(S2‐S4)に集中して施します。また、仙髄(S2‐S4)から出る陰部神経は、尿道や外尿道括約筋に分布して蓄尿機能を制御しています。そこで、緊張緩和を促すように、陰部神経刺激点にも押圧、マニピュレーションを施します。

内臓マニピュレーションは、膀胱と恥骨の間に軽く圧をかけながら、恥骨膀胱靭帯や恥骨尿道靭帯にかかる緊張を解放します。さらに、内閉鎖筋をゆるめるように、下肢からのマニピュレーションを加えます。

膀胱と内閉鎖筋は筋膜靭帯で結ばれているため、膀胱が癒着、スパズム(痙攣性の収縮)、下垂などの影響を受けると、内閉鎖筋にも影響が現れるという報告があります。そこで、内閉鎖筋をゆるめる反射的効果として、膀胱の過敏性を軽減するように働きかけます。


矯正刺激ポイント

1)仙骨(S2‐S4)

排尿に関する神経支配として、副交感神経は仙髄中間外側核(S2‐S4)から出て骨盤神経となり、膀胱のとくに尿排出機能を制御します。

仙髄排尿中枢(S2‐S4)への治療刺激として、仙骨にみる固着・歪みを整える方向にリズミカルな矯正を施しながら、過緊張状態の軽減を促していきます。とくに、過活動膀胱に対する有効なツボとして、第3後仙骨孔部(中髎穴)に治療刺激を施します。

また、蓄尿に関する神経支配として、交感神経は胸腰髄中間外側核(Th10‐L2)から出て下部神経となり、膀胱・尿道のとくに蓄尿機能を制御します。

背腰部の反応点に歪みや圧痛がみられる場合、交感神経レベルで調和をもたらす治療刺激として、胸椎-腰椎部にみる固着・歪みを整える方向へも、リズミカルな矯正を施します。

2)陰部神経刺激点(坐骨直腸窩)

仙髄(S2‐S4)のオヌフ核から出る陰部神経は、尿道や外尿道括約筋に分布して蓄尿機能を制御しています。

陰部神経は、坐骨直腸窩の外側壁がつくる筋膜性の管(陰部神経管)のなかを走行しています。坐骨直腸窩の外側壁は、内閉鎖筋の下部とこれを被う骨盤筋膜からなります。

坐骨直腸窩へのマニピュレーションとして、筋膜をリリースしながら陰部神経への緊張を緩和していきます。とくに、陰部神経刺激点を中心に操作を施します。

3)内臓マニピュレーション(膀胱,内閉鎖筋)

膀胱は、恥骨のすぐ後ろに位置しています。成人において、膀胱が空虚な状態では、その全体が骨盤腔内におさまっています。膀胱が尿で満たされるにしたがい、膀胱は上方へと拡大して腹腔内へと伸び出します。

膀胱をつなげる靭帯には、恥骨膀胱靭帯、恥骨尿道靭帯があります。靭帯の停止部は神経線維が豊富なため筋腱の受容器よりも大きな反応をおこします。過剰負荷が持続することによって、靭帯停止部の神経線維が活性化されます。

膀胱と周囲組織にみる緊張・機能障害を改善するように、内臓マニピュレーションをおこないます。膀胱と恥骨の間に軽く圧をかけながら、恥骨膀胱靭帯や恥骨尿道靭帯の緊張を解放していきます。

このとき、腰椎-骨盤-下肢を協調して動かしながら、膀胱や尿管にも伸展刺激を伝えます。また、内閉鎖筋をゆるめる反射的効果として、膀胱の過敏性を軽減するためにも、下肢からのマニピュレーションを加えます。


C線維の抑制刺激

膀胱の知覚神経には、尿がたまって膀胱が伸ばされたという情報を伝えるAδ線維と、侵害刺激(痛み)や冷温刺激を伝えるC線維があります。過活動膀胱では、C繊維の活動が亢進しているといわれます。

正常な排尿反射には、C繊維は関与していません。ところが、膀胱に侵害刺激が加わり続けると、C線維が活性化され、脳からの指令とは無関係に膀胱の神経に直接作用して、尿意切迫感や頻尿を引きおこします。

過活動膀胱へのマニピュレーション・矯正刺激の入力は、C繊維が興奮した状態を抑制することを主な目的として施します。


施術の注意として

過活動膀胱の治療には、薬物治療、物理的刺激治療、生活指導、膀胱訓練、骨盤底筋体操などがあります。当治療院の施術は、手技による物理的刺激治療にあたります。

過活動膀胱を主訴として当治療院に来院される方を拝察するなかで、弱くなった骨盤底筋を強化する体操を習慣づけて実践されると、より望ましい効果が得られるように見受けられます。

膀胱訓練や骨盤底筋体操の効果が現れるまでには、数か月かかるといわれます。目安としては、2~3カ月の継続した手技による物理的刺激治療と自宅でのエクササイズが合わさって、望ましい効果が持続するものと予想します。




脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み