単純に神経が圧迫されても痛みません

痛みの原因として「神経が圧迫されているから」という解説があります。たとえば、坐骨神経痛の原因として「ヘルニアや骨の歪みによる神経圧迫」という説明がなされたかもしれません。とくに、加齢に伴う骨性の変形をみるとき、「神経圧迫による痛み」は分かりやすいでしょう。しかし、坐骨神経痛のズキ~ンとした電撃痛は、単純な神経圧迫というメカニズムだけではおきません。

末梢神経は、物理的な圧迫のみによって、疼痛を生じることはないとされています。そして、末梢神経が単純に圧迫されておきる症状は、「シビレ」と「マヒ」です。たとえば、正座をしていると神経が強く圧迫されます。その結果、足先がシビレたり、力が入らなくなったりします。しかし、神経痛のようなズキ~ンとした電撃痛を感じることはありません。このことからも、「神経が圧迫されているから痛みがでる」という説明は正確ではありません。

ちなみに、ブチッと飛び出した髄核が、神経を大きく圧迫するようなヘルニアがあります。このようなヘルニアは、下肢はマヒして動かなったり、ひどくなれば膀胱・直腸障害がおこったりするかもしれません。ましてや、骨棘のような硬いもので、強く神経が圧迫されている病態では、重篤な症状を呈します。そのため、治療院レベルに来院できるような椎間板ヘルニアは、軽度な病態であるといわれます。ただし、軽度なヘルニアでも重症化する危険性があり、すべて施術が適応できるとは限りません。

椎間板ヘルニアによる坐骨神経痛の大半は、神経への圧刺激を起因として、複数の要因が重なり発症します。たとえば、髄核が飛び出していなくても、繊維輪に亀裂が生じると椎間板は腫れます。この腫れた椎間板が神経根を圧迫すると、神経根の血液循環が悪くなります。

さらに、周辺から出血がおこったり、浮腫が生じたりすると、圧迫刺激が強まります。そして、ますます血液循環を障害します。このように血液循環が滞る神経根は、やがて炎症をおこします。

神経根炎の状態になると、神経は過敏になり、少しの刺激にも反応して激痛を走らせます。そして、少し動いたり、クシャミをしたりするだけでも坐骨神経が刺激され、殿部から下肢の神経経路に痛みが走るのです。

しばしば、「脊柱への矯正刺激(Adjustment)により神経圧迫を取り除く」という説明を聞くことがあります。しかし、「ポキッ」と関節を操作することで、飛び出しているヘルニアが引っ込んだり、骨の歪みや変形による圧迫が解消されたりすることはないでしょう。

手技療法による操作・矯正は、関節の過剰な緊張をゆるめて、動き(可動性)を良くします。これにより、侵害刺激が軽減されたり、血液循環が促されたりする結果として圧刺激が減り、神経根の炎症が和らぐのです。そして、「神経根炎」が和らぐことで、痛みの軽減がはかられるのです。