腰部脊柱管狭窄症

原因 症状の理解


Treatment description

変形性腰椎症の一種

椎骨の椎体と椎弓によって囲まれところは「椎孔」といいます。椎孔は、椎骨が重なり合って脊柱をつくるとき、縦に連なる長い管を構成します。これが「脊柱管」で、第2腰椎より下には馬尾神経が縦走しています。

楕円形をした脊柱管は、ゆとりの空間をもっています。ところが、加齢による骨組織・軟部組織の退行性変化により、脊柱管が狭くなることがあります。

脊柱管の全体が狭くなると馬尾神経が障害されます。すると、両下肢全体に症状が現れ、ひどくなると膀胱や直腸の機能も障害されます。また、椎間関節の肥大や変形が主体であるなら神経根が障害され、坐骨神経の経路に痛みや痺れがおこります。

脊柱管の狭窄は、椎間関節の変形、骨棘、靭帯の肥厚、すべり症、椎間板の変性など、複数の因子によって構成されています。そして、これら狭窄因子の多くは、加齢による変性の過程で発生します。そのため、腰部脊柱管狭窄症は50歳以上で好発します。そのことから、変形性腰椎症の一種とも考えられます。


脊柱管を狭窄する複数因子

脊柱管の狭小化に関与する因子は、以下のように複数あり、これらが重なり合って発症します。

・ 生まれつき脊柱管が狭い

・ 椎体の外側にできる骨棘

・ 椎弓の肥厚

・ 椎間関節の肥厚変形

・ 変性性すべり症

・ 椎間板の膨隆

・ 黄色靱帯の肥厚

・ 炎症による浮腫

・ 非生理的な緊張 など


間歇跛行の特徴

腰部脊柱管狭窄症による間歇跛行は、腰掛けたりしゃがみ込んだりして、腰を前かがみの状態にして休んでいると、急速に症状は緩解して再び歩行が可能になるという特徴があります。

間欠性跛行には、腰部脊柱管狭窄症による神経性跛行のほか、下肢の閉塞性動脈硬化症などによる血管性跛行があります。血管性跛行の場合は、前屈位で緩解をみることはありません。休むときの姿勢に関係なく、歩行をやめれば症状はよくなります。

神経は、圧迫を受けて血液循環が悪くなると、酸素と栄養が欠乏して正常に働くことができなくなります。そのため、長く立っていたり歩いたりすると神経が虚血状態におちいり、下肢に痛みやシビレ、脱力が生じます。しかし、しばらくしゃがみこんだり、腰かけて休んだりしていると、下肢の症状が軽減・消失し、また歩くことができるようになります。この神経性間欠跛行は、腰部脊柱管狭窄症の特徴とされます。


重度化しやすい病態

脊柱管狭窄症は、いくつもの因子が重なり合って発症するため、組み合わさる因子や強さによって異なる病態をみます。

→ 加齢に伴う椎間関節や椎間板の変性によって、腰椎は不安定となります。その代償として、黄色靭帯や後縦靭帯には過剰な負荷がかかります。こうして靭帯に緊張や肥厚が発現し、脊柱管を狭小化します。

→ 腰椎の不安定性は、骨棘の形成や関節の肥厚といった骨性の変化を助長します。中年以降の女性は、変性性すべり症が生じやすいとされます。狭小化した脊柱管では、小さな椎間板の突出でも症状の増悪をみます。そのため、変性性すべり症による狭窄症は、重症化しやすくなります。

→ 分離性すべり症に起因する狭窄は、分離部の骨棘形成、椎間孔の変形などで、下位椎体後縁による圧迫がつくられるかもしれません。重労働で腰に無理をかけていた方、若いときひどく腰を痛めた方も、加齢によって変形性腰椎症となり、狭窄症へと進行しやすいといわれます。


狭窄部位と分類

脊柱管狭窄症は、狭窄をおこす部位によって「神経根型」「馬尾型」「混合型」の3つに分けられます。

神経根型

椎間関節の肥大(球状肥大)によって、脊柱管の外側陥凹部に狭窄が生じます。こうして神経根が圧迫刺激を受けるのが「神経根型」です。多くが、L4‐L5間の椎間関節でおこり、L5神経根症状を表します。坐骨神経痛を主症状とします。

殿部から下肢の疼痛やシビレによって歩けなくなります。片側の症状が多くなりますが、両側に出現することもあります。痛みの範囲は、障害された神経根が支配する領域に限定されます。

馬尾型

骨性因子により脊柱管の正中部で狭小化して、馬尾神経が圧迫刺激を受けています。神経根型と違って痛みではなく、下肢の両側に出現する異常感覚が主体となります。多くが、L4‐L5間の椎間関節高位でおこり、L5神経以下の多根性の症状が現れます。

シビレ感、灼熱感、蟻走感、冷感などの異常知覚、脱力感により歩行が困難となります。病態が進行すると筋力低下、膀胱・直腸障害、会陰部の熱感などを訴えます。

混合型

神経根型と馬尾型の両方が合併しています。単一神経根の疼痛と多根性の異常感覚・下肢脱力感により、歩行が困難となります。

椎間関節の変形、関節突起の肥大といった骨性因子に、椎間板ヘルニア、黄色靭帯・後縦靭帯の緊張や肥厚などが加わって、症状の発現を促進させています。


自分だけが感じる「自覚症状」

・ 神経性間欠跛行

・ 腰痛(朝起床時、長く立っていたり歩いたりすると痛む程度)

・ 下肢痛(坐骨神経領域が多い、大腿神経領域のこともある)

・ 罹病期間が長くなると、安静時も下肢にシビレや冷感がある

・ 馬尾型や混合型では、狭窄が高度になると膀胱直腸障害、会陰部症状、麻痺を呈する

脊柱管狭窄症は、変形性腰椎症の一種として、慢性化した椎間関節性腰痛と類似した腰痛が現れます。しかし、神経根や馬尾神経が圧迫刺激を受けることで、下肢症状の方を強く感じるようになります。


他者がみても分かる「他覚所見」

・ 多くで腰椎部の前弯減少、構築性側弯がみられる

・ すべり症を合併するとき、腰椎部に階段変形が認められる

・ 腰椎の後屈運動が制限されやすくなる

・ 後屈の姿勢を保持したり、患側へ後側屈したりして、下肢に症状が再現される

・ 下肢伸展挙上テス(SLR)は陰性が多い、神経根型では軽度陽性、椎間板ヘルニアとの合併症で陽性となる

・ 馬尾神経障害の経過が長いと、両側の下肢に筋力低下・筋萎縮が出現する

・ 馬尾神経が障害されると、両側のアキレス腱反射が低下・消失する

・ L2よりも上位に狭窄があれば、膝蓋腱反射が亢進する

腰部脊柱管狭窄症の場合、バビンスキー反射などの病的反射はおこりません。病的反射がみられるときは、脊髄性間歇跛行が示唆されます。


注意を要する症状

腰椎すべり症と同様に、以下の症状がみられる場合は、適切な病院での診察の後、施術を受けていただくことをお勧めしています。

× 膝裏から足先にかけて、強い痛みやシビレがある(坐骨神経根の刺激)

× 下肢の痛み、シビレ、重圧感、脱力感、間欠性跛行がある(馬尾神経の絞扼)

× 日にちの経過とともに、だんだん痛みがひどくなっている

× 施術効果の持続が得られない




脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み