腰椎すべり症

原因 症状の理解


Treatment description

分離と変性により

腰椎すべり症とは、腰椎が不安定になり、正常な位置から前方に移動したことを起因とする腰殿部痛や下肢痛のことです。構造的な変形として、関節突起間部が分離したことによる「分離性すべり症」と、分離は伴わないが椎間関節や椎間板の変性による「変性性すべり症」があります。

分離性すべり症

椎骨は、前方に椎間板のついている 椎体、後方に椎間関節のついている 椎弓によって構成されています。

椎体と椎弓が分離した状態を腰椎分離症といいます。関節突起による支持を失った椎体が、上の椎体を乗せたまま、椎弓を残して前方に移動した状態が分離すべり症です。

分離発生は、第5腰椎に最も多いとされます。このとき分離すべり症になると、第4腰椎棘突起と第5腰椎棘突起の間で、階段状の段差を触れることがあります。

腰椎の分離と前方すべりにより、椎間板が変形します。分離部では、線維軟骨化と骨棘形成がおこります。こうして椎間孔や脊柱管が狭小化すると、神経根や馬尾神経が圧迫刺激を受けることがあります。

分離の原因は、骨格の未発達な成長期に、スポーツなどによる負荷が累積しておこった疲労骨折とされます。骨格の成長停止後の発生は少ないといわれます。

変性性すべり症

本来の腰椎は、椎間関節が歯止めとなり、前にすべり出すような構造をしていません。ところが、椎体と椎弓が分離していなくても、加齢による椎間関節や椎間板の変性による不安定性の増大により、腰椎が前方に移動することがあります。これが変性性すべり症です。

腰椎や椎間板の変性に、靭帯や筋肉のたるみが加わると、さらなる不安定をつくって、腰椎全体が前方にすべり出します。

とくに、第4腰椎の前方へのすべり出しが認められます。中高年(50歳以上)の女性に多いとされます。無症状の人のなかにも、すべり症が認められることがあります。


変性性すべり症の経過

年齢による椎間関節の変性は、椎間板の変化から始まります。椎間板は、年齢とともに水分量が減少することで、厚みが減ったり椎骨の辺縁部からせり出したりします。

→ 椎間板の厚みが減ることで靭帯がたるみ、関節面には機械的なストレスが加わって、関節軟骨の表層が摩耗します。さらに、椎間板が椎骨の辺縁部からせり出した部分も刺激を受けて骨棘が生じてきます。

→ 関節軟骨の摩耗、骨棘の形成などで椎間関節の適合性が悪くなり、腰椎が不安定になります。腰椎の不安定化は、筋肉にも負担をかけて緊張度を増していきます。

→ 長期にわたり、筋肉が緊張下にあると血液循環を阻害し、痛み刺激に過敏な状態をつくります。この痛みが、さらなる緊張をもたらしながら関節を変化さます。

→ 加齢に伴う椎間関節の変化により、関節面における支えが減弱することで、腰椎全体が前方にすべり出すようになります。とくに、第4腰椎のすべり出しが認められます。

→ 腰椎全体が前方にすべりだすことで、腰椎の反りかえりが深くなります。腰椎の反りが深くなると、関節面に無理がかかって椎間関節性腰痛を誘発します。

→ 不安定な腰椎を支えて緊張を強いられることで、筋肉には疲労が蓄積して、筋筋膜性腰痛となります。

→ 腰椎が前方にすべることで、椎間板も引き伸ばされます。そして、椎間板の変性を助長しながらヘルニアを形成することがあります。さらに、周辺組織の炎症が加わると椎間孔が狭くなり、神経根への刺激を増して坐骨神経痛が現れます。

→ 腰椎のすべりが強くなることで、脊柱管を狭くすることがあります。すると、馬尾神経が圧迫刺激を受けて、下肢痛、下肢の重圧感。痺れ感、脱力感がおこります。悪化すれば、間欠性跛行が現れます。


痛みの要因

変性性すべり症は、変形性腰椎症と同様に、筋肉、椎間関節、椎間板などの変性が重なって腰痛を発症させています。複数の因子に、腰椎のすべり出しという構造的な変化が加わって、脊柱管狭窄症ヘと症状が増悪することがあります。

1.筋肉の痛み

加齢による椎間板や椎間関節の変性、靭帯のたるみ、筋肉の弱化により、腰椎が不安定になります。支持を失い不安定になった腰椎は、全体が前方にすべり出します。

腰椎がすべり出すことで、いっそう不安定性が増大します。筋肉は不安定な腰部を支えて緊張を強いられ、疲労を蓄積して筋筋膜性腰痛となります。

2.椎間関節の痛み・こわばり

関節症性の変化により適合性が悪くなり、不安定になった椎間関節は、異常動揺によって椎間関節包に分布する知覚神経が刺激されます。こうして椎間関節性の腰殿部痛が引き起こされます。

さらに、腰椎が前方にすべり出すことで、腰の反りかえりが強くなります(前彎増強)。椎間関節の噛み合わせが深くなることで、関節面に無理がかかり、関節症性変化が助長されます。

過剰な緊張と異常な動揺刺激により、関節包は肥厚してこわばって安定を保とうとします。その結果、関節の動きは悪くなり、違和感を強くしていきます。

3.椎間板ヘルニアの合併

腰椎が前方にすべり出すと、すべり直下の椎間板に無理がかかります。そして、椎間板の変性を助長しながら、高頻度にヘルニア(椎間板膨隆)を形成するといいます。

関節症性変化に炎症や浮腫、椎間板ヘルニアが加わり椎間孔を狭くします。椎間孔で坐骨神経が刺激を受けると、神経経路に痛み、知覚障害、筋力低下が現れます。

4.脊柱管狭窄症への移行

腰椎のすべり出しが著しくなると、脊柱管が狭小化されます。さらに、腰の反りかえりが強くなる(前彎増強)と、黄色靭帯や後縦靭帯がたるみ、突出して脊柱管を狭くします。脊柱管で馬尾神経が絞扼されると、下肢の痛み、痺れ、重圧感、脱力感が現れたり、間欠性跛行を呈したりします。


特徴的な症状・現象

変性性すべり症という慢性化した腰痛は、年齢による関節症性の変化から移行したものといえます。そのため、不安定性や異常動揺により、椎間関節に分布する豊富な知覚神経が刺激されて腰痛が生じます。また、椎間関に関連として、腰殿部だけでなく下肢にまで痛みが放散することがあります。

徐々に慢性化しながら、重苦しく鈍い痛みがつきまとう、腰にこわばりやきしり音を感じる、同じ姿勢を続けると痛みが増悪するという症状が現れます。さらに、起床時や動作開始時に強く痛み、からだを動かしているうちに痛みは軽減していきます。

腰椎すべり症があっても無症状の方は少なくないといわれます。ただし、以下のような特徴的な症状や現象は、加齢に伴う構造的な変化に起因するかもしれません。

1.すべり現象

・ すべりが著しい場合は、腰椎に階段状の変形が触知できる

・ L5椎体が仙椎の上ですべている場合が多い

・ L4-L5に階段状の段差を触れることができる

・ すべり部に一致して背部にへこみがある

・ へこみは、からだを前屈すると著明に現れる

・ 階段変形が認められる場合は、腰の反り返りが増強していることがある

2.痛みの部位

・ 腰痛は、主に腰椎下部や仙腸関節部に現れる

・ 第4腰椎-第5腰椎の椎間関節部には、著明な圧痛が認められる

・ 椎間関節に関連して、殿部から大腿前面への放散痛がある

・ 椎間孔で坐骨神経根が刺激を受けると、膝裏から足先に痛みやシビレが生じる

・ 脊柱管で馬尾神経が絞扼されると、下肢の痛み、痺れ、重圧感、脱力感、間欠性跛行を呈したりする

3.徐々に発症

・ 変性性すべり症は、徐々に発症しながら腰痛を繰り返し、慢性化の経過を示す

・ 重苦しく鈍い痛みがつきまとう

4.不安定性の増大

・ 腰に不安定感がある

・ 腰がずれるような感じがする

・ 運動で腰痛が増悪する

・ 安静で腰痛が緩解する

・ 安静時には、ほとんど症状感じない

5.関節のこわばり

・ 腰にこわばりやきしり音を感じる

・ 同じ姿勢を長時間続けると、かたまって痛みが増悪する

・ 起床時や動作開始時に強く痛む

・ からだを動かしているうちに痛みは軽減する


注意を要する症状

腰椎すべり症があっても、無症状の方は少なくないといわれます。そのため、階段変形や腰椎の前彎増強がみられても、それが腰痛の直接的な原因だとは、安易に判断できません。

ただし、次のような場合、当治療院での施術の適応は慎重に判断しています。

・ 中学や高校のとき、激しいスポーツをおこなっていた

・ 著しい階段変形が認められる

また、以下の症状がみられる場合は、施術が不適応かもしれません。適切な病院での診察の後に、施術を受けていただくことをお勧めしています。

× 膝裏から足先にかけて、強い痛みやシビレがある(坐骨神経根の刺激)

× 下肢の痛み、シビレ、重圧感、脱力感、間欠性跛行がある(馬尾神経の絞扼)

× 日にちの経過とともに、だんだん痛みがひどくなっている

× 施術効果の持続が、なかなか得られない




脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み