筋筋膜性腰痛

原因 症状の理解


Treatment description

筋筋膜性腰痛とは

筋筋膜性腰痛は、急性の腰痛(ギックリ腰)、また慢性化した腰痛の原因として重視されています。「急性の筋筋膜性腰痛」と「慢性化した筋筋膜性腰痛」は、同じ部位に痛みがあっても、痛みの性質に違いがあります。

急性の筋筋膜性腰痛

急性の筋筋膜性腰痛は、重いものを持ったり、急に体をひねったりしたとき、ギックリ腰として発症します。筋肉や筋膜に強い力が作用したり、過剰に伸ばされたりして組織が損傷されます。この損傷による炎症が痛みをつくり、筋筋膜性腰痛が生じます。

急性の筋筋膜性腰痛は、片側性の腰痛が多くなります。そして、障害された部位を示すように、「ここが」というはっきりした圧痛やコリ感が認められます。

最初のうちは、痛みはひどくなくかもしれません。しかし、時間の経過とともに炎症が広がっていくと痛みも強くなります。炎症により、障害された部位に熱感や腫れがみられます。障害された筋肉を伸ばす動作で痛みが増強するので、痛みのある側に体を傾けるような姿勢になります。

慢性化した筋筋膜性腰痛

過剰な緊張が持続する様々な要因により、慢性化した筋筋膜性腰痛をつくります。急性の筋筋膜性腰痛は、時間の経過とともに慢性化します。また、背腰部の筋肉がオーバーワーク状態におちいっても、慢性化した痛みを発します。

痛みが慢性化するなか、筋肉の緊張度が増して血液循環を阻害します。すると、酸素が不足したり疲労物質が蓄積したりして筋肉痛が現れます。その痛みが、新たな緊張をつくって、痛みを増大させるという悪循環が形成されます。

痛みの悪循環が形成され、筋肉の異常な緊張や攣縮が血液循環を阻害するなか、結合組織の増殖や筋膜の肥厚など、筋肉および周辺組織の変性が促進されていきます。その組織変性も、慢性化した痛みの要因となります。

慢性化した筋筋膜性腰痛は、急性期と同様に、障害された筋肉を押圧したり伸張したりすると痛みが現れます。ところが、急性期ほど激しい痛みはありません。むしろ、押圧したり伸張したりすると「痛いけど気持ちいい」と感じるようになります。

動作に伴う激痛というより、常に鈍痛があるという状態です。炎症による熱感はなく、むしろ周囲よりも冷たいかもしれません。慢性化するなかで椎間関節も障害されると、下部腰椎‐殿部‐股関節周囲に痛みが放散するようになります。


急性症状と慢性症状の比較

急性症状の特徴

・ 片側性の腰痛が多くなります。

・ 障害された部位には、著明な圧痛が現れます。

・ 最初のうちは、痛みはひどくなくかもしれません。

・ 時間の経過とともに炎症が広がり、徐々に痛みも強くなります。

・ 急性症では、局所の熱感や腫脹がみられます。

・ 障害された筋肉を伸ばすと痛みが増強するので、健側凸の側弯姿勢となります。

慢性症状の特徴

・ 急性期と同様の筋肉部に、局在性の著明な圧痛や硬結が認められます。

・ ところが押圧したり伸張したりしても、急性期ほど激しい痛みは現れません。

・ むしろ「痛いけど気持ちいい」と感じます。

・ 動作に伴う激痛というよりは、常に鈍痛があるという状態です。

・ 熱感はなく、循環障害により周囲よりも冷たくなります。


痛みの好発部位

筋膜は、コラーゲン線維のメッシュ構造により、伸び縮みすることができます。ところが、筋肉の疲労に伴って、メッシュ構造が粗くなったり密になったりします。このような筋膜の変化がコリとして触知されます。とくに、筋腱接合部に一致する箇所は、負荷がかかりやすくコリが好発します。

筋筋膜性腰痛は、急性でも慢性でも、同じ部位に痛みが生じます。急性あるいは反復性の過負荷ストレス、筋肉の使いすぎによる帯状のコリ(索状硬結)がつくられると、筋肉に圧痛と関連痛を引きおこすトリガーポインとして確認できるようになります。

筋筋膜性腰痛がおこりやすいのは脊柱起立筋です。脊柱起立筋は、腰背部を縦走する長大な筋群で、最長筋や腸肋筋に大別されます。疼痛部位の多くは、骨盤(ヤコビー線)より上方にみられます。そのなかで、最もみられる痛みの発生部位は、おヘソの高さあたり(ツボでいえば腎兪や志室)です。

腰椎棘突起の際に痛みや圧痛があるときは、多裂筋や回旋筋が障害されているのかもしれません。さらに、外腹斜筋が障害されると脇のあたりに、上殿筋や中殿筋が障害されるとお尻に痛みや圧痛が発生します。


椎間関節性腰痛の併発

筋筋膜性腰痛が慢性化するなかで、緊張度の増した腰椎は、反り返りが強くなります。腰椎の反り返りが強くなることで、椎間関節に負荷がかかります。やがて、椎間関節性腰痛も混合した症状が現れます。

過緊張により腰背部の筋肉が疲労すると、腹部の筋力も弱化して、腰部の不安定性が増します。また、椎間関節や椎間板の機能が低下しても、腰部が不安定になります。

不安定な腰部を支えるため、さらに筋肉は過剰な緊張を強いられます。こうして、筋筋膜性腰痛を増悪させながら、筋肉のコリ感や痛みだけでなく、椎間関節や椎間板にも障害を広げて、複合的な症状をつくっていきます。




脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み