寝違え(急性疼痛性頸部拘縮)

施術の要点


Treatment description

寝違えとは

寝違えとは、頚部の筋肉につくられた急性炎症による激痛と、その痛みによる運動制限を総称するものです。急性疼痛性頚部拘縮、急性頚部筋々膜症ともいいます。


施術の基本方針

痙攣して異常に収縮した筋肉には、圧痛点やしこりがみられます。この反応部位に持続的な押圧刺激を加えて、痙攣と痛みを抑制します。そして、軽く牽引刺激をおこないながら過緊張の緩和を促します。痛みが軽減したころから、可動域の回復を促すように、ゆるやかな関節操作を施します。

施術は、痛みの抑制と可動域の回復を目的に、3つの手順でおこないます。

1)持続的な押圧(夾脊穴)

2)軽く牽引刺激

3)徐々に回旋,可動域の回復

刺激に過敏な状態なので、急激な刺激の入力はさけ、施術も短時間とします。また、迷走神経反射による脳貧血にも注意しながら、少しずつ治療刺激を施します。


矯正刺激ポイント

1)持続的な押圧(夾脊穴)

痛みのあるとき、無意識にも患部を強く押さえているものです。この圧迫刺激を伝える神経の働きが、それよりも細い痛覚を伝える神経の働きを抑制するために、痛みが和らぐからです。

頸部の痛みは、脊髄神経後枝の興奮によって生じています。その圧痛点が、頚椎棘突起の際にあるツボ(夾脊穴)にみられます。とくに、C4‐C5(頸椎の中央)には、反応が現れやすいといわれます。

後枝痛を抑制するように、C4‐C5を中心に頚椎棘突起を擦るような押圧刺激を持続的に施します。

2)軽く牽引刺激

痙攣して収縮した筋肉を、さらに収縮させる動作は、頸部に激しい痛みを発生させます。そのため、防衛反応として無意識にも筋肉を収縮させないように、首を健側に少し傾ける姿勢をしているかもしれません。

頚椎の横突起とその数椎上の椎弓根を結んでいる小さな筋肉(回旋筋・多裂筋・半棘筋)が、寝違いを好発します。

痛みが少し和らげば、首を傾けている方向から、痙攣して収縮している筋肉に少しずつストレッチを施します。深部の小さな筋肉は、小さな運動操作でも大きく伸張され、良い効果が及ぼされます。

ストレッチをするとき、ツボ(夾脊穴)に押圧刺激を加えながら操作をおこない、ゆっくりと元に戻します。これを繰り返していくと、痙攣による過緊張がやわらぎ、痛みも軽減していきます。

3)徐々に回旋,可動域の回復

痙攣と痛みが緩和すれば、拘縮した頚部をゆるめるように、軽い揉捏(皮膚刺激)を頚椎全体に施します。そして、深部から可動域の制限を解放するように、関節面を開きながら伸張して、徐々に回旋を加えていきます。

痛みが軽減して可動域が回復したなら、次は予防の段階として、寝違えをつくる根本にある緊張度を癒すように、積極的に関節操作・矯正を施していきます。

頑固な肩こりが寝違えの下地にあるときは、筋肉をゆるめるような軟部組織操作(マッサージ)を加えながら、制限された関節可動域の回復を促します。




脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み