変形性膝関節痛

症状・原因

変形性膝関節症は、加齢による膝関節軟骨の変性を基盤として発症します。

半月板、関節包、滑膜、靭帯、筋肉へと変性が進み、関節の周囲には炎症や過緊張が生じます。このような複数の因子が、悪循環を形成しながら、痛みを発生させます。さらに、骨棘形成など膝関節に変形をきたし、痛みを増悪させていきます。

変形性膝関節症は、膝関節を構成する組織の様々な変化をひとまとめにしたものです。

40~50歳代以降に発症します。また、男性よりも女性に多くみられます。しかも、太り気味の方が罹患しやすいとされます。さらに、仕事やスポーツで膝を酷使しながら、徐々に変性が加わっていく場合もあります。

変形性膝関節症には、次のような症状がみられます。

・ 階段の昇降時痛

・ 正坐痛

・ 立ち上がり痛

・ 歩行痛

・ 動作開始痛

・ 次第に膝関節の内側で痛みが強くなってくる

・ 大腿四頭筋が細くなる

・ 膝の筋力が低下する

・ 膝関節の腫れ

・ 膝に水がたまる

・ O脚

・ 膝蓋骨や周囲を圧迫しての痛み

当治療院でみる慢性化した膝関節痛の多くは、変形性膝関節症と思われます。

施術のポイント

可逆的な変化 … 関節包や靭帯、筋肉の過緊張、関節のこわばり、炎症

不可逆的な変化 … 関節軟骨や半月板の摩耗、関節面の変形や骨棘の形成


変形性膝関節症をつくる要因には、「可逆的な変化」と「不可逆的な変化」があります。

変形性膝関節症は、膝関節の変化の一つが単独に関与するのではなく、複数の可逆的な変化と不可逆的な変化が重なり合って症状をつくっています。

当治療院のマニピュレーション操作・矯正は、可逆的な要因を改善することを基本とします。とくに、過緊張の緩和と関節機能の改善を促すように「「膝への押圧・ストレッチ」「骨盤の歪みへの矯正刺激」をおこないます。

変形性膝関節症でみられる「やや膝を曲げた」姿勢は、腰椎-骨盤にも負担をかけ、構造(腰椎のアライメント)に悪影響を与えながら、やがて歪み・固着をつくります。

膝関節および周囲組織に押圧・ストレッチを施すことで、以下のような効果が期待できます。

過緊張をゆるめる

膝関節に変性や変形が生じると、関節面の適合性が悪くなります。こうして膝関節が不安定になると、動作のたびに侵害刺激が発せられ、膝関節を支えるに筋肉、関節包、靭帯に過剰な緊張をつくります。

緊張が続くなかで血液循環が阻害されると、神経に炎症がつくられ、痛みに過敏な状態となります。この痛みが、さらなる緊張をつくって「痛みの悪循環」が形成されます。

膝関節および周囲組織に押圧・ストレッチを施しながら、過緊張をゆるめていきます。

関節機能の回復を促す

関節の不安定性により、関節包や靭帯がこわばってきます。膝関節の関節包や靭帯には、たくさんの神経が存在します。こわばった膝関節は、ギシギシとした滑らかでない運動により刺激を受けて痛みを発します。

膝を牽引、押圧しながら、ゆるやかにマニピュレーション操作をおこないながら、膝関節の機能回復を促します。

腰椎-骨盤へ矯正刺激を施す

腰椎-骨盤から膝裏にかけて押圧・マニピュレーション操作をおこないます。そして、骨盤の歪みを整える方向に矯正刺激を施します。

この施術は、変形や歪みといった構造を元の位置に戻すというよりも、歪みを指標として機能の改善をはかるものとご理解ください。

効果の予測

可逆的要因を改善することで、たとえ膝関節に加齢による変化があったとしても、痛みを軽減できるものと考えます。

骨性の変化のような不可逆的な要因が、痛みの直接的な原因なら、当治療院のマニピュレーション操作・矯正で症状を緩和することは困難です。しかし、炎症や過緊張、関節機能の回復を促すことは可能です。そして、可逆的な要因を改善することで、痛みの軽減をみる例は少なくありません。

膝の不安定性を増すような施術は厳禁

ただし、一度に筋肉や関節をゆるめようとすると、膝の不安定性を増して、施術後の動作によって痛みが増悪する危険があります。根気よく施術を継続することに加えて、弱化した膝関節の筋力をつける運動によって、望ましい成果を得るものと理解します。

ホームエクササイズの提案

変形性膝関節症は、膝関節を不安定にします。そのため、膝関節を動かすごとに、異常な刺激が発せられます。この刺激が、痛みや炎症、過緊張や循環障害をつくりながら、症状を増悪させていく悪循環を形成します。

施療により膝関節の機能改善が促され、痛みが軽減したなら、次は弱化して不安定になった膝関節を強化する必要があります。

膝関節に疾患・痛みがあると、やがて膝の筋肉に萎縮や筋力低下を生じます。とくに大腿四頭筋の萎縮や筋力低下は、膝関節の不安定性を増します。そこで、大腿四頭筋を強化訓練する運動として「下肢伸展挙上訓練」をお勧めしています。

大腿四頭筋の訓練として、一般に安全で有効とされているのが「下肢伸展挙上訓練」です。

下肢伸展挙上訓練の方法

楽な姿勢で、上向きに寝ます

→ 訓練する脚は伸ばしたまま、足首を反らして膝に力を入れます

→ 反対の膝は、直角に曲げておきます

→ 膝に力を入れたまま、下肢全体を10~15°くらい(床から10cm程度)持ち上げます

→ 挙上して5秒間、これを保持したら下肢を降ろします

→ 5秒間休ませ、再び挙上します

→ 通常、20回ほど繰り返しおこないます

→ これを朝、昼、晩とおこなってみてください


筋力の増強をみるようなら、足関節部に重錘を負荷して訓練をおこないます

→ 変形性関節症の場合は、1~3kg程度が適当とされます

→ 負荷を加えることで、より効果が得られます

これ以外にも病態により、さまざまなトレーニング方法があります。ただし過剰な訓練、間違った方法では、症状の悪化をみることがあります。くれぐれもご注意ください。

付 記

1) 関節軟骨の変化

膝関節は、「大腿脛骨関節」と「膝蓋大腿関節」という2つの関節があります。これらの関節面は、軟骨で覆われています。変形性膝関節症は、膝関節軟骨の変化から進行します。初期変化として、軟骨表面にシワや浮腫がつくられます。そして、表面的な亀裂が生じ、やがて関節軟骨のなかにまで侵入していきます。すると、軟骨は柔らかくなり、浮き上がって脱落していきます。

2) 半月板の損傷

大腿骨と脛骨の関節面の間には、線維軟骨でできた「半月板」があります。関節軟骨に変性がおきると、半月板にも変性が発生します。そして、半月板の弾力性が失われ、厚みも減少します。すると、膝関節内のスペース(関節裂隙)が狭くなっていきます。こうして関節面が強く刺激されるようになり、次第に関節破壊が進行していきます。また、弾力性が低下した半月板は、小さな力でも損傷されるようになります。

3) 関節包の変化

関節軟骨や半月板の変形により、膝関節が不安定になります。すると、膝関節を包む「関節包」には、常に負荷がかかります。この異常な緊張が長期化すると、関節包は肥厚してきます。さらに、関節包の内側(滑膜)で、変形した骨や軟骨との摩擦が生じることがあります。こうして滑膜炎を誘発すると、膝関節に水が溜まって腫れたり、痛みがおきたりします。

4) 靭帯の変化

膝関節が変形して不安定になると、靭帯にもゆるみや過緊張が生じます。こうして、靭帯に変性や摩耗がおこります。とくに、膝の内側の靭帯(内側側副靭帯)が強く障害されます。

5) 大腿四頭筋の萎縮

膝関節周囲の筋群には、痛みに対する反応や内部の病変による関連痛により異常緊張がおこります。この状態が長期化すると、血行障害による筋萎縮や筋力低下が生じます。そのため、慢性化した変形性膝関節症では、大腿四頭筋に萎縮や筋力低下が現れます。とくに、膝の内側の筋肉(内側広筋)が細くなります。膝の筋肉が弱くなることで、ますます膝関節の安定性が失われていきます。そのため、膝関節内部の変性が、さらに助長されていきます。

6) 骨質の摩耗や変性

関節軟骨が薄くなると、骨質の摩耗や変性がおこります。そして、関節軟骨の摩耗と相まって、関節の隙間を狭くしていきます。とくに、膝関節の内側が狭くなるのでO脚に変形していきます。さらに、刺激を受ける関節の辺縁部では、肥大や増殖がおこって骨棘を形成します。このように、骨性の摩耗と増殖が同時に生じながら、変形の度合いを強くしていきます。

膝関節痛のなかで、以下のような症状がある場合、単なる変形性膝関節症でないかもしれません。

・ 膝関節に著明な発赤、熱感、腫脹がある

・ 誘因も前兆もなく突発的に関節の激痛が生じた

・ 全身的な発熱を伴う

・ 朝にこわばるなどの慢性関節リウマチの徴候がある

・ 膝関節に痛みがないのに高度な腫脹がある

これらの症状は、当治療院での施術は不適応になります。上記の症状に加えて「ズキズキと痛い」「動かすこともつらい」「日ごとに痛くなってきた」というときは、まずは、かかりつけの病院でご相談ください。 当治療院の施術は、その後からでも遅くはないと思います。

膝関節および周囲組織に押圧・ストレッチを施すことで、以下のような効果が期待できます。

1) 筋肉に

膝関節周囲の筋肉は、膝関節の機能を保持するための役割を果たしています。ところが、疼痛への反応や内部の病変によって、異常な緊張状態に強いられます。異常な緊張が続くと、血液循環が阻害されます。そのなかで、とくに大腿四頭筋の萎縮や筋力低下がみられるようになります。筋力が低下すると膝関節には、不安定な動きが生じます。そして、膝関節の病変を悪化させていきます。まずは、筋肉の過緊張を和らげます。

2) 過緊張に

関節包には、たくさんの神経が存在します。膝関節が不安定になると、関節包が捻れたり過緊張を招いたりします。そして、膝の運動により刺激を受けて、痛みが発生します。また、膝関節の安定性を支える靭帯も、同様の機序で痛みが生じます。そのため、軟部組織の異常緊張を和らげることで、疼痛の緩解と運動機能の改善がはかられます。

3) 血液循環に

軟骨細胞は、骨組織より多くの栄養を消費しながら代謝を繰り返しています。ところが、関節軟骨には血管やリンパ管は分布していません。栄養は、関節包の内側でつくられる滑液によって補給されています。また、半月板の外側1/3は、滑膜に付着しています。その部分は、滑膜からの豊富な血行支配を受けています。ところが、負荷のかかる内側は、関節を満たす滑液だけに栄養補給を頼っています。そこで、滑膜に分布する毛細血管の循環を促し、関節軟骨の修復能力を高めます。

4) 慢性化した炎症に

膝関節の不安定性が増すと、関節包の内層にある滑膜が、骨や軟骨と擦れて強く刺激されます。やがて滑膜に慢性的な炎症が発生します。滑膜の炎症は、強い疼痛の原因となります。しかし、炎症性変化は可逆的なものです。関節内の循環を促すことで、慢性化した炎症にも良い効果が期待できます。

膝関節は、曲げる(屈曲)と伸ばす(伸展)という動作を担っています。ところが、日常生活のなかでは、膝だけを曲げ伸ばしする動作は、ほとんどありません。たとえば、立位で「膝を曲げてください」というと、膝だけを曲げる人は、ほとんどいないでしょう。膝を曲げ伸ばしするときは、同時に股関節や骨盤、足関節も協調して動きます。

慢性化した変形性膝関節症の方には、「やや膝を曲げた」という姿勢が多くみられます。この姿勢には、「膝の裏が伸びない」「股関節が伸びない」という状態が隠れています。そして、これが骨盤を介して、姿勢(腰椎のアライメント)に悪影響を与えます。

変形性膝関節症は、加齢による退行性変性を基調としています。その場合、腰痛の有無にかかわらず、腰椎にも同様の変化があることが予想できます。膝関節の機能障害をそのままにしておくと、その負担は腰部に、やがて脊柱全体に波及します。そして、補正作用として姿勢を歪めるようになります。

膝関節の機能を改善することは、腰椎-骨盤(姿勢)への悪影響を軽減することになります。また、腰椎-骨盤(姿勢)を整える治療刺激は、膝関節の機能改善を促進させることが期待できます。そこで膝の痛みが和らぎ、膝関節の機能改善がみられた後は、腰椎-骨盤(姿勢)を整える施術を加えていきます。