変形性膝関節痛・施術方針

変形性膝関節症とは

変形性膝関節症は、膝関節を構成する組織の様々な変化をひとまとめにしたもので、加齢による膝関節軟骨の変性を基盤として発症します。

階段の上り下りが痛い、とくに下りが痛い 、正座をすると痛い、正座ができない、立ち上がる時が痛い、歩く時が痛い、動作の開始時に痛い、膝関節の内側で痛みが強くなってくる、大腿四頭筋が細くなる、膝の筋力が低下する、膝関節が腫れている、膝に水がたまる、O脚になっている、膝蓋骨や周囲を圧迫すると痛いという症状がみられます。

40〜50歳代以降に発症します。男性よりも女性に多くみられ、太り気味の方が罹患しやすいとされます。仕事やスポーツで膝を酷使することで、徐々に骨性の変性が加わっていく場合もあります。詳細は「変形性膝関節症・原因症状」を参照ください。


施術の方針

変形性膝関節症は、骨性の変化が単独で関与するものではなく、複数の因子が重なり合って痛みがつくられます。痛みをつくる原因のなかには、関節包や靭帯や筋肉の過緊張、関節のこわばり、炎症などの可逆的な因子が含まれています。

・ 可逆的な因子には、関節包や靭帯の変化、筋肉の過緊張、関節のこわばり、炎症など

・ 不可逆的な因子には、関節軟骨や半月板の摩耗、関節面の変形や骨棘の形成など

骨性の変化のような不可逆的な因子が、痛みの直接的な原因なら、保存療法は不適当といえます。しかし、炎症や過緊張、関節の機能障害が複合して痛みをつくっているなら、回復を促すことは可能でしょう。

可逆的な要因を改善することで、たとえ膝関節に加齢による変化がみられても、痛みを軽減できるものと考えます。 とくに、膝関節の周辺にみられる慢性化した過緊張と炎症が、痛みの大きな要因となります。

施術は、可逆的な因子を改善することを目的として、以下の施術ポイントを中心にマニピュレーション・矯正刺激を施します。

1.「膝関節の可動性」を悪くする過緊張とこわばり

2.「骨盤‐股関節‐膝関節の協調性」

3.膝関節の緊張度に影響を与える「責任高位としての腰椎」

施術は、可逆的な因子を改善することを目的におこないます。過緊張の緩和と関節のこわばりを癒すように、「膝関節の可動性」「骨盤‐股関節‐膝関節の協調性」の改善をはかります。また、膝関節の緊張度に影響を与える「責任高位としての腰椎」に矯正刺激を施します。


1.膝関節の可動性

膝関節にストレッチや運動操作を施して、可逆的な因子を改善しながら、弱化した膝関節の修復力・自然治癒力を促すとともに、膝関節の過緊張をゆるめ、低下した機能の回復をはかります。

1)過緊張をゆるめる

膝関節に変性や変形が生じると、関節面の適合性が悪くなります。こうして膝関節が不安定になると、動作のたびに侵害刺激が発せられ、膝関節を支えるに筋肉、関節包、靭帯に過剰な緊張をつくります。

緊張が続くなかで血液循環が阻害されると、神経に炎症がつくられ、痛みに過敏な状態となります。この痛みが、さらなる緊張をつくって「痛みの悪循環」が形成されます。そこで、膝関節および周囲組織に押圧・ストレッチを施しながら、過緊張をゆるめていきます。

2)膝関節の機能回復を促す

関節の不安定性により、関節包や靭帯がこわばってきます。膝関節の関節包や靭帯には、たくさんの神経が存在します。こわばった膝関節は、ギシギシとした滑らかでない運動により刺激を受けて痛みを発します。

膝関節を牽引しながら、ゆるやかにマニピュレーション操作をおこない、膝関節の機能回復を促します。


2.骨盤‐股関節‐膝関節の協調性

膝関節は、曲げる・伸ばすという動作を担っています。ところが、日常生活のなかでは、膝だけを曲げ伸ばしする動作は、ほとんどありません。立位で「膝を曲げてください」というと、膝だけを曲げる人は、ほとんどいないでしょう。膝を曲げ伸ばしするときは、同時に股関節や骨盤、腰椎も協調して動きます。

慢性化した変形性膝関節症の方には、やや膝を曲げた姿勢が多くみられます。この姿勢には、「膝の裏が伸びない」「股関節が伸びない」という状態が隠れています。これが骨盤を介して、姿勢(腰椎のアライメント)にも悪影響を与えます。

骨盤‐股関節‐膝関節の協調した機能の回復を促すように、下肢からマニピュレーションをおこないます。また、膝裏にかけての押圧、骨盤の歪みを整える方向への矯正刺激も施します。


3.責任高位としての腰椎

変形性膝関節症は、加齢による退行性変性を基調としています。その場合、腰痛の有無にかかわらず、腰椎にも同様の変化があることが予想できます。

膝関節の機能を改善することは、骨盤‐股関節への悪影響を軽減することになります。また、骨盤‐股関節を整える治療刺激は、膝関節の機能改善を促進させることも期待できます。

膝関節の領域を支配する神経に関連する責任高位として、L3を中心に歪みを整える方向に矯正刺激を施します。これにより腰部の可動性が高められるだけでなく、支配神経を介して膝関節の過緊張が軽減するように働きかけます。


施術の効果

可逆的な因子への施術として、膝関節および周囲組織にストレッチ、マニピュレーションを施すことで、以下のような効果が期待できます。


1.筋肉に

膝関節周囲の筋肉は、膝関節の機能を保持するための役割を果たしています。ところが、疼痛への反応や内部の病変によって、異常な緊張状態に強いられます。異常な緊張が続くと、血液循環が阻害されます。そのなかで、とくに大腿四頭筋の萎縮や筋力低下がみられるようになります。筋力が低下すると膝関節には、不安定な動きが生じます。そして、膝関節の病変を悪化させていきます。まずは、筋肉の過緊張を和らげます。


2.過緊張に

関節包には、たくさんの神経が存在します。膝関節が不安定になると、関節包が捻れたり過緊張を招いたりします。そして、膝の運動により刺激を受けて、痛みが発生します。また、膝関節の安定性を支える靭帯も、同様の機序で痛みが生じます。そのため、軟部組織の異常緊張を和らげることで、疼痛の緩解と運動機能の改善がはかられます。


3.血液循環に

軟骨細胞は、骨組織より多くの栄養を消費しながら代謝を繰り返しています。ところが、関節軟骨には血管やリンパ管は分布していません。栄養は、関節包の内側でつくられる滑液によって補給されています。また、半月板の外側1/3は、滑膜に付着しています。その部分は、滑膜からの豊富な血行支配を受けています。ところが、負荷のかかる内側は、関節を満たす滑液だけに栄養補給を頼っています。そこで、滑膜に分布する毛細血管の循環を促し、関節軟骨の修復能力を高めます。


4.慢性化した炎症に

膝関節の不安定性が増すと、関節包の内層にある滑膜が、骨や軟骨と擦れて強く刺激されます。やがて滑膜に慢性的な炎症が発生します。滑膜の炎症は、強い疼痛の原因となります。しかし、炎症性変化は可逆的なものです。関節内の循環を促すことで、慢性化した炎症にも良い効果が期待できます。.


効果の予測

可逆的要因を改善することで、たとえ膝関節に加齢による変化があったとしても、痛みを軽減できるものと考えます。

関節包や筋肉といった軟部組織の過緊張をゆるめながら膝関節の機能の回復をはかります。膝関節の動きが増すことで血液循環が促され、組織の修復や炎症の軽減がはかられます。ただし、膝の痛みが緩和するまでには、ある程度の継続した加療と治癒力が働くための時間を必要とするかもしれません。

ただし、一度に筋肉や関節をゆるめようとすると、膝の不安定性が増して痛みを悪化させる危険があります。そこで、1〜2ヶ月の継続を目安として、各人に適した施術をプログラムしています。


ホームエクササイズの提案

変形性膝関節症は、膝関節を不安定にします。そのため、膝関節を動かすごとに、異常な刺激が発せられます。この刺激が、痛みや炎症、過緊張や循環障害をつくりながら、症状を増悪させていく悪循環を形成します。

根気よく施術を継続することに加えて、弱化して不安定になった膝関節の支える筋肉を強化していく運動をおこなうことによって、望ましい成果を得るものと理解します。

膝関節に痛みがあると、やがて膝の筋肉が萎縮して筋力低下を生じます。とくに大腿四頭筋の萎縮や筋力低下は、膝関節の不安定性を増します。そこで、大腿四頭筋を強化訓練する運動として「下肢伸展挙上訓練」をお勧めしています。

脊柱矯正・鍼療法 ほんがわ治療院
171-0022 東京都豊島区南池袋 2-13-10 キャッスル小林3階
03-3988-3467 完全予約制
momiryouzi@hkg.odn.ne.jp