五十肩

症状・原因

いわゆる「五十肩」とは、40~50歳代以降におこる肩関節の疼痛と運動制限をきたす疾患です。とくに、痛くて腕を上げられない、腕を後ろに回せなくなります。

加齢による肩関節周囲組織の変化を基盤としており、原因となる明確な疾患はありません。その多くは、明らかな誘因もなく発症します。小さな無理を繰り返しながら組織の損傷をひろげ、動きの不快から、徐々に痛みへと進んでいくことがあります。

痛み+運動制限

五十肩では、痛みのために腕を上げたり、後ろに回したりすることができなくなります。 重症化すると髪を洗う、髪をとかす、洗濯物を干す、つり革につかまる、洋服を着る、寝返りを打つなどが不自由になり、日常生活に支障をきたします。

五十肩の病期は、疼痛と運動制限の推移によって、急性期(疼痛期)、慢性期(拘縮期)、回復期に分けられます。

急性期(疼痛期)

・ 一般には、発症から2週間ほどです

・ 症状が増悪していく時期で、安静にしていても痛みがあります

・ 肩関節の動きを制限するように、運動時の強い痛みがあります

・ とくに、肩関節の前方部に痛みが認められます

・ 夜間の痛みが強いため、睡眠が妨げられることがあります

・ 衣服の着替え、重いカバンなどを持つことが困難になります

・ わずかな刺激にも筋肉に異常な力が入り、肩の動きを制限して痛みが生じます

・ 疼痛に対する筋性防御的な要素が強くなります

・ 徐々に関節拘縮が現れて、肩の可動域が制限されていきます

慢性期(拘縮期)

・ 急性期の後、約6ヵ月間とされます

・ 炎症による痛みが徐々に軽減されるなか、可動域の制限は残存します

・ 慢性化の過程で、関節包などの軟部組織が肥厚したり、癒着したりします

・ こうして拘縮が強くなると、肩関節の動きが全方向で制限されます

・ 動きが制限されることが、新たな疼痛の原因となります。

・ 可動域の限界に近づいたとき、痛みが生じます

・ 髪を結ぶ、エプロンを後ろで結ぶような動作がつらくなります

・ 拘縮が進むにつれ、肩関節の後方部でも運動時痛や圧痛が生じます

回復期

・ 慢性期を経て回復期にいたります

・ 可動域の制限が残るものの、疼痛は減少します

・ 肩関節の拘縮が徐々に改善され、大きな機能障害は自覚されません

・ 可動域も自然に回復していきます

・ 罹病期間が長くなると、頚部や背部に症状が波及します

・ 肩関節にも、疼痛や可動域制限を残すことがあります

施術のポイント

五十肩の施術は、3つの病期に合わせておこないます。疼痛の軽減と拘縮の改善を促しながら、肩関節の機能が回復するまでの期間が短縮されるように、マニピュレーション操作を施します。

急性期(疼痛期)には

疼痛の軽減と拘縮の予防を目的に、可動域制限の少ない早期から施術をおこないます。

炎症が強い時期は、治療刺激が過多になると、逆に疼痛を増悪させます。そこで、痛みの誘発をみないように、防御性の筋収縮をゆるめます。

慢性期(拘縮期)には

肩関節の拘縮の改善と可動域の増大を目指して、マニピュレーション操作を試みます。

肩関節へ軽度の圧縮を繰り返しながら、関節内の癒着を剥離していきます。強い柔軟操作は、肩周囲筋の防御性収縮を惹起する恐れがあります。そのため、継続して施術をおこないながら、徐々に強度を増していきます。

回復期には

肩関節の可動域の増大を目的に、積極的なマニピュレーション操作をおこないます。さらに、肩関節と連動する頚部や脊柱部にみられる機能障害の改善も促します。

腕上げるためには、反対側の脊柱筋群も収縮しなければなりません。また、肩関節に痛みがあると、肩をすくめるようにして腕を上げるようになります。このような負担がつくる障害も含めて、全体から日常生活動作の向上を目指します。

マニピュレーション操作・矯正は、「肩甲骨‐肩関節‐鎖骨」と「頚部‐背部」から施します。

肩甲骨‐肩関節‐鎖骨には、協調して働く機能の回復を促すように、マニピュレーション操作をおこないます。頚部‐背部には、肩関節に関連する領域にみられる固着や歪みを整える方向に操作・矯正刺激を施します。たとえば、

肩甲骨‐肩関節‐鎖骨

肩峰下腔や上腕二頭筋長頭腱を中心に、障害を受けた軟部組織からゆるめます 肩関節へ軽度の圧縮操作を繰り返しながら、関節内の癒着を剥離していきます 腋窩部からの押圧にリズミカル運動操作を加えながら、腕を拳上していきます

頚部‐背部

頚部‐背部肩を支配する神経は、下部頚椎から上部胸椎より分布しています 脊柱に固着や歪みがあると過剰な刺激が生じて、肩を支配する神経の働きも乱します 逆に、肩関節に障害があると、脊柱にも負荷をかけて固着や歪みが生じます

肩を支配する神経の働きが乱れると、常に筋肉の緊張度を高めます。筋肉が緊張し、コリが形成されると血液循環を阻害します。こうして自然治癒力が弱くなった結果、症状が癒され難くなります。

そこで、五十肩に関連する頚椎や胸椎の固着や歪みを癒します。そして、肩を支配する神経の働きを整えながら、自然治癒力を高めていきます。

五十肩として「上腕二頭筋長頭腱」「肩峰下腔」は、障害を受けやすい部位だとされます。この部分につくられた圧痛点に円皮鍼を施します。

上腕二頭筋長頭腱

・ 上腕二頭筋腱炎は、肩関節前面に痛みをつくります

・ 力こぶをつくる上腕二頭筋には、長頭腱と短頭腱があります

・ その長頭腱は、肩関節のなかを通り、上腕骨の細い溝(結節間溝)を滑動しています

・ 長頭腱は、細い溝で刺激を受け続けることで、慢性的な炎症をつくったりします

・ さらに、組織が変性したり、溝に骨棘が形成されたりします

肩峰下腔

・ 肩関節のなかで肩腱板と肩峰下滑液包は、腕を上げる動作によりはさみ撃ちにされます

・ このような運動が長年にわたり繰り返されることで、慢性炎症が生じます

・ とくに、棘上筋腱の慢性炎症、慢性峰下滑液包炎は、五十肩の大きな要因をつくります

効果の予測

五十肩は、長期的にみれば症状は改善し、日常生活の動作にも制限を残さず治癒するケースが一般的だといわれます。また、必ずしも治療を必要とするわけでもなく、自然に治癒する場合もあります。

ただし五十肩の多くが、6カ月~1年、場合によっては2年ほどかけて治癒するといわれます。そして、肩関節の機能障害や痛みが治りきれない場合もあります。

変性を伴う五十肩

70歳代で五十肩の症状を訴える方がいます。このような場合は、加齢に伴う組織の変性が進んでいるものと予想できます。肩の痛みに加えて、頑固な肩こりや慢性化した腰痛などがあるかもしれません。このような多様な症状を含む五十肩は、根気よく施術を加えていかなければなりません。

急性期(疼痛期)は注意

当治療院のマニピュレーションは、肩関節の機能回復を主な目的としています。肩関節の機能が回復することにより、結果として痛みは軽減します。しかし、急性期(疼痛期)の五十肩は注意が必要になります。この炎症が強い病期は、手技による鎮痛効果は限定的でしょう。

当治療院の施術方法は、慢性期(拘縮期)から適しています。ただし、急性期(疼痛期)の早期から拘縮を予防することで、回復までの期間が短くなると期待されます。

付 記

可動域が大きく不安定な構造

肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨によって構成されています。自由な動きを得るために、肩甲骨関節窩は小さく、上腕骨頭のはまりが浅くなっています。この不安定な構造は、関節包や腱板によって補強されています。

結果として関節包や腱板には、常に大きな負担がかかっています。加齢により組織が弱化すると、腕を急に捻ったり、重いものを持ち上げたり、押されたりして、簡単に損傷されます。微小な損傷でも、障害された組織には炎症が生じます。この肩関節の炎症は、肩峰下の滑液包や関節周囲の筋肉に広がっていきます。

肩関節周囲の炎症によって、痛みと可動域の制限がおこり、五十肩がつくられます。その基盤には、加齢に伴う退行性変化、微小な外傷、炎症の拡大があるといえます。

炎症性の痛みを引き金として、肩関節を動かすことができなくなります。関節を動かせないでいると、やがて関節包が肥厚したり癒着したりして「拘縮」をつくります。

拘縮して運動が制限されると、血液循環が阻害されます。血液循環が悪くなると、疲労物質や痛み物質が蓄積され、小さな刺激にも過敏に反応して緊張度を増していきます。緊張度が増すことで、さらに血液循環が悪くなり、組織の変性も助長していきます。

このようの悪循環を形成しながら、次第に肩関節の拘縮を強くしていきます。そして五十肩の主体が、肩関節の炎症から、拘縮による疼痛と運動制限へと移行していきます。

五十肩の基盤には、加齢に伴う退行性変化と、微小な外傷があります

→ 炎症を引き金として、肩関節は動かすことができなくなります

→ 痛みにより動かさないでいると、肩関節は固くなり、運動制限が生じます

→ 運動制限が生じると、血液循環が阻害されます

→ 血液循環が阻害されると、痛みを増悪し、組織の変性を助長します

→ このような痛みの悪循環を形成しながら、次第に肩関節の拘縮を強くします

→ 急性期の炎症が軽減しても、拘縮を主体とする疼痛と運動制限をきたします

五十肩は、特別な治療をしなくても「大多数が自然に回復する」といわれます。けれども、回復までには1年前後を要するとされます。

一般にいわれる回復とは、痛くて腕が上がらないという状態が緩和することかもしれません。長期間の痛みや可動域制限の存在により、肩関節の可動域が狭くなる・動きがギシギシするといった機能障害が残っている人は少なくないように感じられます。

回復後にも肩関節、肩甲骨の動きが悪い状態が残存することで、頑固な肩コリなどを併発する要因となります。回復期だからこそ、積極的に治療に取り組む、運動療法を継続することが必要になります。それが、回復後に良い結果を得るものと考えます。

通常の五十肩は、片側に発生して、回復後には同じ側に再発することは、まれとされます。強い肩の痛みが繰り返されるときは、他の疾患が疑われます。

たとえば五十肩は、腕を上げる途中は痛みがありません。これ以上は上がらないという最後の時点で激痛がおこります。一方、腱板断裂では、腕を上げる途中に痛みが生じることが多いとされます。

五十肩とは異なる痛みがある、あまりに痛みが長引くときは、別の疾患が隠れているかもしれません。「自然に回復する」と安易に考えてはいけない病気でもあります。