胸郭出口症候群・施術方針

胸郭出口症候群とは

胸郭出口症候群とは、第1肋骨、鎖骨、斜角筋のよって囲まれた胸郭出口部が狭くなり、そこを通過して上肢につながる神経(腕神経叢)と血管(鎖骨下動脈・静脈)が、持続的に圧迫や牽引といった刺激を受けることでおこる、一連の神経血管症状のことです。

胸郭出口が狭くなることで、肩から上肢にかけて痛み、痺れ、冷感、手指の知覚異常が生じます。また、斜角筋の近くを自律神経が走行しています。そのため、胸郭出口症候群が長期にわたると自律神経の働きも乱され、神経血管症状だけでなく多彩な随伴症状が現れるようになります。詳細は「胸郭出口症候群・原因症状」を参照ください。


施術の方針

胸郭出口部で神経や血管を圧迫する因子には、「骨性因子」と「筋性因子」があります。

・ 骨性因子には、頚肋、鎖骨、肋骨による機械的な圧迫刺激

・ 筋性因子には、斜角筋、鎖骨下筋、小胸筋の過緊張、腫れ、瘢痕化、繊維化

骨性因子が症状の直接原因なら、保存療法は不適応かもしれません。しかし、筋性因子が神経や血管を圧迫したり牽引したりしているなら、改善を促すことは期待できます。

施術は、問題をつくる「筋肉」と「姿勢」に注目して、胸郭出口部を構成する筋性因子にかかる負荷を軽減することを目的としておこないます。


筋肉の問題には

斜角筋、鎖骨下筋、小胸筋に関連する脊柱高位に対して、歪みや固着を整える方向に矯正刺激を施します。その刺激をもって可動性の回復を促しながら、胸郭出口部に過剰な緊張をつくっている神経の働きを整えます。

また、各筋肉の領域に現れたトリガーポイントには、押圧を加えながらストレッチを施します。そして、筋肉につくられた過緊張、腫れ、瘢痕化、繊維化といった問題の改善を促します。


姿勢の問題には

猫背などの悪い姿勢は、胸郭出口部を狭くするだけでなく、動作のたびに神経や血管を過剰に刺激します。そこで、からだが正しい姿勢を再学習するように、全体の歪みを整える方向に矯正刺激を施します。

このとき、手技による操作・矯正だけでなく、テーブルを使って矯正刺激を入力します。さらに、感覚受容器が豊富に分布する上部頸椎や股関節には、機械的な刺激を加えることがあります。


施術ポイント

神経血管を圧迫する「斜角筋隙」の責任高位としてT1‐T2に矯正刺激を加えながら、筋肉の緊張度をやわらげます。そして、胸郭出口部を狭小化している「肋鎖間隙」「小胸筋」に対して、姿勢を整える方向に運動操作を施します。

1.斜角筋隙(T1‐T2)

2.肋鎖間隙

3.小胸筋


1.斜角筋隙(T1‐T2)

斜角筋の緊張をゆるめるように、星状神経節にむかって斜角筋隙を押圧しながら、頸椎に回旋・ストレッチを加えます。この軟部組織操作は、僧帽筋前縁、胸鎖乳突筋後縁、鎖骨に囲まれた領域(後頸三角)を広げるうえでも役立ちます。

胸郭出口症候群には、頸椎への強い矯正刺激は望ましくないという報告があります。そこで、T1‐T2から歪み・固着を整える方向に矯正刺激を施しながら、過緊張の軽減と可動性の回復を促します。


2.肋鎖間隙

鎖骨と第1肋骨の間隙(肋鎖間隙)が狭くなると、神経血管束を圧迫して、上肢のシビレや痛み、冷えがおこります。そのため、この間隙を広げて負担を軽減するように、無意識的にも腕を組んでいるかもしれません。

そこで、肋鎖間隙を広げる方向に、持続した押圧操作をおこないます。このとき筋肉の緊張をゆるめるように、鎖骨下筋つくられた圧痛点(トリガーポイント)を押しながら、やや牽引します。この手技は、姿勢の矯正刺激としても有効です。


3.小胸筋

肩関節を外転するとき、小胸筋の烏口突起停止部で鎖骨下動脈・静脈が圧迫された状態になります。小胸筋の過緊張をゆるめるように、烏口突起あたりを押圧しながら、肩関節から運動操作を加えます。

小胸筋に押圧を加えながら腕から運動操作を施すことで、上肢帯の緊張も広くゆるめることができます。鎖骨‐肩関節‐肩甲骨は、連動して働いています。この運動操作は、鎖骨の可動性を高めることで、鎖骨下筋や斜角筋の緊張緩和も促します。


効果の予測

頑固な肩こりは、胸郭出口の障害によるものが少なくありません。また、頸椎症になると二次的に斜角筋も緊張します。そして、頸椎症に続発して胸郭出口症候群を合併することがあります。

とくに、「女性の頑固な肩こりに」は、胸郭出口症部からのアプローチが有効な場合があります。ただし、自律神経にも影響を与えているので、「徐々に治療刺激を増やす」必要があります。


女性の頑固な肩こりに

頸部への施術は、胸郭出口症候群と頸椎症を明確に区分することはできません。頸部に関連する慢性化した症状には、胸郭出口部への施術は有効と思われます。

とくに、首の筋肉が細い女性の胸郭出口症候群では、頑固な肩こりを患っていることが多くあります。そのような場合、直接的に首に治療刺激を施すよりも、胸郭出口部からコリ感をゆるめる方が、良い効果を示します。


徐々に治療刺激を増やす

首と上肢帯(鎖骨‐肩甲骨)は、協調して働いています。積極的にマニピュレーションを施すことで、胸郭出口症候群の改善に良い効果が期待できます。

ただし、神経と血管を同時に刺激している病態なので、単純な肩こりよりも継続した加療を必要とします。また、自律神経症状があるときは、一度に症状の改善を促すと刺激が過多となり、逆に具合を悪くします。

焦ることなく少しずつ、筋肉のコリ感をゆるめながら、過剰な緊張を和らげるように操作・矯正刺激を施します。施術に加えて、治癒力が働くための時間(休息)を与えることで、望ましい効果が期待できます。

脊柱矯正・鍼療法 ほんがわ治療院
171-0022 東京都豊島区南池袋 2-13-10 キャッスル小林3階
03-3988-3467 完全予約制
momiryouzi@hkg.odn.ne.jp