胸郭出口症候群

症状・原因

胸郭出口部とは、前斜角筋、中斜角筋、鎖骨、第1肋骨で囲まれた部分をさします。この隙間には、上肢につながる神経(腕神経叢)と血管(鎖骨下動脈・静脈)が通っています。

胸郭出口症候群とは、胸郭出口部が狭くなり、そこを通過する神経や血管が持続的に圧迫や牽引といった刺激を受けることでおこる、一連の神経血管症状のことです。

1) 胸郭出口部で圧迫され、機械的刺激を受けている

2) 胸郭出口部の遊びがなくなり、牽引刺激を受けている

3) 持続的に牽引され、伸長刺激に過敏になっている


胸郭出口部を構成する斜角筋・鎖骨下筋・小胸筋の過緊張、肩甲帯の下垂した姿勢が、相互に関連して症候群をつくっています。とくに瘢痕化してこわばった斜角筋が、胸郭出口部を狭くします。

胸郭出口部の近くでは、頚椎の両側を自律神経が走行しています。そのため、胸郭出口症候群が長期にわたると自律神経の働きも障害され、複雑な症状が現れることもあります。

そのため胸郭出口症候群は、神経血管症状だけでなく多彩な随伴症状もみられます。

1.神経血管症状

胸郭出口部の筋肉の過緊張により、上肢につながる神経と動脈(静脈)が同時に圧迫されるため、次のような症状が現れます。また、シビレがあっても、触覚は鋭敏に分かることが多いといいます。

1) 首肩のコリ、痛み

2) のどの圧迫感

3) 肩甲骨周囲のコリ、痛み

4) 背中のハリ感

5) 上肢の痛み・シビレ感

6) 上肢の脱力感・よく物をおとす

7) 手指の冷感

8) 手指のふるえ・こわばり

9) 発汗異常等

2.多彩な随伴症状

長期にわたり改善しないと、頭部・全身に症状が広がります。さらに、頚部のコリが自律神経(頚部交感神経幹)に悪影響を与えることがあります。こうして、下記のように多彩な症状が現れるようになります。

1) 頭痛

2) めまい

3) 吐き気

4) 不眠

5) 目の奥の痛み・かすみ

6) 耳鳴り

7) 全身倦怠感

8) 集中力の低下

9) 胃腸障害

頚椎症との併発

頚椎症になると二次的に、斜角筋も過剰に緊張するようになります。そのため、頚椎症に続発して胸郭出口症候群を合併することがあります。

施術のポイント

施術の基本として、胸郭出口部に関連する脊柱高位へ矯正刺激を加えます。そして、胸郭出口部を狭小化している姿勢を整える方向に操作・矯正を施します。

斜角筋部を通過した神経血管束は、鎖骨と第1肋骨のすき間に入ります。鎖骨と第1肋骨の間隙から、鎖骨下動脈・静脈と腕神経叢が出て上肢に枝を送っています。この間隙が狭くなると、上肢のシビレや痛み、冷えがおこります。

鎖骨と第1肋骨の間隙では、斜角筋付着部や鎖骨下筋の緊張も圧迫刺激として加わることがあります。そのため、肋鎖間隙を広げるように、無意識にも猫背や腕を組んでいるかもしれません。

基本操作・矯正(カイロプラクティック)

1.Th1-Th2への矯正刺激

前斜角筋、中斜角筋、第1肋骨上縁で囲まれた部位は、「斜角筋隙」といいます。前斜角筋が緊張すると、前斜角筋と中斜角筋の間で、腕神経叢と鎖骨下動脈が圧迫されます。鎖骨下静脈は、前斜角筋の前側を通るため圧迫されません。

第5~8頚神経と第1胸神経の一部は、椎間孔を出てから集合して腕神経叢となります。また、下から上がってきた鎖骨下動脈は、Uターンをして腕神経叢と合して神経血管束をつくります。神経血管束は、前斜角筋と中斜角筋の中を走行します。そのため、斜角筋からの圧迫刺激が増すと、胸郭出口症候群がおこります。

「肋骨から肩にかけての症状は、Th1Th2を徹底的にアジャストすると非常に効果がある」「胸郭出口のアジャストは、頸椎にあまり強く加えないほうがよい」といいます(加瀬,1987,p.120)。

そこで上部胸椎を中心に、歪み・固着を整える方向に矯正刺激を施しながら、過緊張をゆるめて圧迫刺激を軽減します。

2.肋骨-鎖骨への押圧操作

鎖骨下筋の緊張、肥大、腱様化は、肋鎖間隙を狭小させる重要な一因とされています。そこで肋骨-鎖骨間を広げるように、押圧操作をおこないます。

3.小胸筋への押圧・ストレッチ

鎖骨と第1肋骨のすき間をぬけた神経血管束は、小胸筋部を通過します。この際、小胸筋によって圧迫されると神経血管症状を呈します。

肩関節外転時は、小胸筋の烏口突起停止部で鎖骨下動脈・静脈が圧迫された状態になります。そこで腕を引き上げて伸展しながら、小胸筋に押圧・牽引を加え、緊張をゆるめていきます。

4.後頚三角を広げる

後頚三角とは、僧帽筋・胸鎖乳突筋・鎖骨に囲まれた三角領域です。斜角筋を押圧しながら、この領域を広げて可動性を高めていきます。

深部のコリ感は手技操作により改善し、表在性の圧痛点には円皮鍼を用います。持続的に刺激を加えることができ、刺針で気胸をおこす危険もありません。

1) 斜角筋症候には、扶突・天鼎・鎖骨上のくぼみ(鎖骨上窩・腕神経叢ブロックをおこなう部位)

2) 肋鎖症候群には、缺盆・気戸・庫房

3) 過外転症候群には、中府(烏口突起のすぐ内下方あたり)

効果の予測

胸郭出口部で神経や血管を圧迫する因子には、骨性因子による機械的な圧迫刺激のほか、筋性因子(斜角筋、鎖骨下筋、小胸筋に生じたコリ・腫れ・瘢痕化・繊維化による刺激など)が重なり合って発症します。そのなかで、筋性因子を改善することで、症状が緩和されることが期待されます。

頑固な肩こりは、胸郭出口の障害によるものが少なくありません。また、頚椎症になると二次的に斜角筋も緊張します。そして、頚椎症に続発して胸郭出口症候群を合併することがあります。

頚部への施術は、胸郭出口症候群と頚椎症(頚椎症状)を明確に区分できるものではありません。頚部に関連する慢性化した症状には、胸郭出口部への施術は有効と思われます。

女性の頑固な肩こり

首の筋肉が細い女性の胸郭出口症候群では、頑固な肩こりを患っていることが多くあります。そのような場合は、直接的に患部の首に治療刺激を施すよりも、間接的に肩上部-肩甲間部からコリ感をゆるめる方が、良い効果を示すかもしれません。

付 記

胸郭出口には、障害を受けやすい部位が4つあります。その部位により頚肋症候群、斜角筋症候群、肋鎖症候群、小胸筋(過外転)症候群と分類されることがあります。しかし、それぞれの部位が相互に関連しながら症候群をつくります。そのため現在は、明確に区分して症状を分類することはないかもしれません。

次の1)から4)の動作や姿勢は、胸郭出口部を狭くします。そのため症状が増悪(×)します。また5)から7)では、胸郭出口部にかかる負荷が軽減されるので、症状が緩和(○)されます。

1) 電車の吊革につかまるように、腕を上げていると辛い--×

2) 洗濯物を干していると辛くなる--×

3) 買い物袋を手に下げるなど、腕が引っ張られていると辛い--×

4) 仰向けで寝ていられない--×

5) 食事の際も、無意識に肘をついている、楽--○

6) 猫背の姿勢が楽(肋鎖間隙を広げる)--○

7) 腕を組んでいると楽--○

頑固な肩こりは、胸郭出口の障害によるものが少なくありません。下記のような症状が複数重なる肩こりは、胸郭出口症候群かもしれません。

1) 治療のあとしばらくの間は楽だけど、すぐに元に戻る

2) 症状がなかなか改善しない

3) 広範囲の領域にまたがる

4) 肉体的には疲労しているわけでもないのに、倦怠感がある

5) 頚椎症という診断を受けている

6) 交通事故などの外傷あり(むち打ち損傷、鎖骨・肋骨骨折、筋や腕神経叢の損傷)

7) 不良姿勢 (直頸椎、猫背、なで肩体型、いかり肩体型)

8) 上肢および手指を酷使する職業

9) 腕を上げたままの姿勢で仕事をする職業

胸郭出口症候群は、頚椎症性神経根症と類似した症状が現れます。ただし、以下のような違いがあります。

1.神経血管症状

頚椎症性神経根症は、主症状が痛みです。デルマトームに従って知覚鈍麻もおこります。動脈を圧迫していない神経根症では、冷えは感じません。

胸郭出口症候群は、上肢につながる神経と血管が、同時に刺激を受けています。そのため、腕全体のピリピリ、ジリジリした痛みとともに、倦怠感・シビレ感・手指の冷感がおこります。

2.性別

神経根症は、中高年の男性に多く発症します。胸郭出口症候群は、20~30歳代の女性に好発する傾向にあります。

3.上肢の動きで増悪

健胸郭出口症候群では、上肢の挙上位や外転位など、腕の動きで愁訴の誘発や増悪がみられます。けれども神経根症と違って、頚椎の動きだけで症状の増悪をみることはありません。

胸郭出口症候群の大部分は、頚部外傷により瘢痕化した斜角筋により生じるとされます。外傷といっても、事故による「一撃外傷型」と日常生活や就労の負荷による「累積外傷型」があります。

一撃外傷型

交通事故による外傷を契機とした胸郭出口症候群は、少なくないとされます。また、肩甲胸郭関節は動きが大きいため無理が蓄積しやすく、加齢変化・組織の変性を助長します。

累積外傷型

日常負荷の累積として肥満、巨乳、加齢により肩甲帯が下垂することで発症するといわれます。肩甲帯が下垂した姿勢・体型では、腕神経叢が持続的に牽引され、神経内の血液循環が障害されます。

第7頚椎横突起が、先天的に肋骨化して長くなり、胸郭出口部で神経・血管走行を障害しています。腕神経叢の絞扼をおこしやすく、上肢帯や上肢の運動や感覚が障害されます。鎖骨下動脈は、圧迫される場合とされない場合があります。

頚肋症候群は低頻度といわれます。ただし、頚肋が痛みやシビレの直接的な原因なら、保存療法は効果が薄いと想像します。当治療院では、難治性の症状については病態を推測し、病院での検査をお勧めしています。


加瀬建造(1987)写真・イラストで見る症状・病気別 脊椎動可法Ⅰ.科学新聞社.