緊張型頭痛・施術方針

緊張型頭痛とは

緊張型頭痛とは、後頭部から頚肩部の筋肉がコリかたまり、頭を絞めつけることで神経が過敏となって生じる頭痛のことです。

いわゆる首肩こりが、いつとはなしに続く重圧感、重苦し頭痛を引き起こします。 また、フラフラとした動揺性めまい、不眠症、気分不快などの不定愁訴が生じることがあります。詳細は「緊張型頭痛・原因症状」を参照ください。


施術の方針

施術は、頭痛をつくっている神経が圧迫刺激を受けている上部頸椎を中心に、過緊張をゆるめるよう操作・矯正刺激を加えます。

上部頸椎の関節面に対して、歪みや固着を整える方向に操作・矯正刺激を施します。神経の根元の過緊張をゆるめながら、可動性の回復を促します。

筋肉の間隙から神経が出入りしているところは、痛みが現れやすいツボとして、重要な施術部位となります。この圧痛点(トリガーポイント)に、筋肉の緊張を和らげてコリ感を癒すように、持続的な圧刺激や牽引操作を施します。

とくに、以下の部位に現れたコリ感を施術ポイントとして重視します。

1.C1-C3,後頸部のコリ感

2.C2,後頭下筋のコリ感


1.C1-C3,後頸部のコリ感

後頭下神経、大後頭神経、小後頭神経は、後頭骨‐上部頸椎の関節近くを通って後頭部の皮膚表面にでてきます。これらの神経が、筋肉のコリによって圧迫され続けると、やがて緊張型頭痛となります。

後頭骨‐上部頸椎の歪み・固着を整える方向に矯正刺激を施しながら、後頸部にみる緊張の軽減を促します。

また、大後頭神経の走行経路である頭半棘筋の停止部(上項線のあたり)には、圧痛点が認められます。この圧痛点は、緊張緩和刺激点となります。そこで、上項線から圧痛点に押圧・牽引を施します。


2.C2,後頭下筋のコリ感

上神経節は、第1~4頸神経で構成される神経節で、第2頸椎横突起の約1cm前方にあります。交感神経節のなかで、最も中枢の近くに存在しています。

後頭下筋のコリ感は、動揺性めまい、不眠症や気分不快などの不定愁訴をつくるだけでなく、上神経節への刺激となって自律神経にも悪影響を与えます。上神経節への施術は、頑固な首肩こりに伴う自律神経に関連する症状にも有効でしょう。

そこで、後頸部にみるコリ感を軽減するだけでなく、第2頸椎横突起を中心として、左右の後頭下筋の緊張を整えるように操作・矯正刺激を施します。


効果の予測

緊張型頭痛には、頑固な肩こりが伴います。むしろ、頑固な肩こりが、こじれて緊張型頭痛を発症させているともいえます。

頑固な肩こりに随伴する経過の長い頭痛は、単純な肩こりに比べて、症状が緩和するまでに継続した加療が必要になります。しかし、上部頸椎領域のコリ感だけでなく、全身の調子を整えるマニピュレーション・矯正刺激は、望ましい効能が期待できるものと考えます。

ただし、ひどい肩こりによる慢性的な頭痛が、悪化してズキズキとした頭痛に変化することがあります。片頭痛と混合する緊張型頭痛では、発作時には、上記の施術方針は不適応かもしれません。その場合は「片頭痛」として施術にあたります。

脊柱矯正・鍼療法 ほんがわ治療院
171-0022 東京都豊島区南池袋 2-13-10 キャッスル小林3階
03-3988-3467 完全予約制
momiryouzi@hkg.odn.ne.jp