頁の趣旨として


余聞研究室

別の価値観があるのでは

高齢化の進行に伴い、比較的軽度な支援を必要とする虚弱高齢者が急増しています。そのなかで、介護予防の効果が評価されています。

この介護予防は、予防を重視する点において、「未病を治す」ことを掲げる中国古代医学思想の正統派と共通します。

健康長寿を得て社会のなかで闊達に暮らす老人像は理想です。しかし老病死も、また自然の摂理です。

人生の終末に、あきらめと失望で終わるような理想を一つ掲げて、我が国の鍼灸マッサージ療法が、約1500年にわたり継承されるはずがありません。中国より伝来した医学には、健康長寿を理想とする価値観とは、別の価値観が存在していたのではないでしょうか。


共に生きる高齢社会

鍼灸按摩は、奈良時代に中国より伝来した療法として、予防を重視した健康支援を担ってきた伝統があります。その一方で、江戸時代より視覚障害者の職業自立を担ってきた伝統もあります。この2つの異なる役割を長年にわたり果たしてきたところに、他の医療にはない鍼灸マッサージの特異性があると考えます。

中国唐代の医者である孫思邈において、「仏の衆生をあわれむ『大慈』の心と、『仁の端なり』と孟子が解する『惻隠』の心が医師の職業倫理の基本にすえられ」、「後世においては、それらは『医は仁術なり』の言葉に集約され」たといいます(新村,1995,p.36-37)。この慈仁という人間愛は、誰もが区別なく健康的に、共に生きる社会を支える力の源として、鍼灸マッサージの役割を古くより支えてきたのかもしれません。

介護予防という高齢社会の健康を通して、共生の理想を実現していくことにこそ、健康長寿とは別の価値観を垣間見ることができると期待します。そして、鍼灸マッサージを業とする視覚障害者と晴眼者が協力して介護予防に寄与する姿は、高齢者・障害者・健常者が共に生きる模範を体現するものと思われます。これこそ他にマネができない、高齢社会における何よりの貢献になるのではないでしょうか。

ふとしたとき、そのように考えることを止め処なく記してあります。



脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み