初診時の検査


Flow

1 初診カードの記入(必ずおこなう検査)

必要事項をご記入いただきます。症状については、詳細にお書きいただければ幸いです。ぜひとも「 初診カードへのお願い 」はご参照ください。

2 問診(必ずおこなう検査)

今の症状、これまでの経過、痛みの様子などをお聞かせください。また、希望される施術方法などもお知らせください。

3 触診(必ずおこなう検査)

痛みの程度、炎症の有無、筋肉の緊張度など症状部位の状態を把握します。さらに、反応をたどりながら、症状に関連する支配神経を推察します。

4 脊柱の可動域測定(必ずおこなう検査)

頚椎に障害があると、そこを通る神経の働きも阻害して、症状をつくる根本原因となりえます。そこで、頚椎の機能障害を可動域から計測します。また、頚椎部と同じように、腰椎の機能障害を可動域から計測します。

5 関連領域の可動域測定

頚椎や腰椎の可動性を計測するなかで、連動して働く領域の関節可動域の計測もおこないます。

6 姿勢分析

脊柱の可動域を測定するとき、合わせて姿勢分析をおこないます。そして、脊柱の歪みが機能的な変化か、構造的な変化かをみます。

7 運動負荷(必ずおこなう検査)

症状に関連する脊柱高位に運動負荷をかけます。このとき、症状の増悪がみられるなら、そこに原因があります。脊柱に圧迫や牽引という負荷をかけながら、再現痛などをみながら、障害された組織を鑑別していきます。

8 知覚・深部反射

症状に関連すると予想した神経の反応をみます。当治療院では、とくに知覚検査を重視しています。

9 脊柱両側の皮膚温差(必ずおこなう検査)

脊柱の間から全身に分布される神経が障害を受け、機能が阻害されると、脊柱の両側の皮膚温に差が生じます。症状、神経学検査、脊柱両側の皮膚温差を精査して、症状の根本原因をなす脊柱高位を定めます。そして、固着や歪みをはかります。

10 説明と同意(必ずおこなう検査)

脊柱の間から全身に分布される神経が障害を受け、機能が阻害されると、脊柱の両側の皮膚温に差が生じます。症状、神経学検査、脊柱両側の皮膚温差を精査して、症状の根本原因をなす脊柱高位を定めます。そして、固着や歪みをはかります。

11 施術中での検査

施術中も、適時に検査をおこないないます。このように、検査に基づく関節操作・矯正を中心とした施術をおこないます。とくに、施術中の検査は、マニピュレーションの方向や力度をみます。


脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み