初めての方へ


Flow

初診カードのお願い

“良い施術は正しい検査から始まる”と、初診時の問診・検査は大切にしています。

初診時の問診や検査のとき、的確に病態が把握できるよう「初診カード」をご用意いたしました。はじめて施術を受ける方には、施術すべき問題を的確に把握するために「初診カード」の記入をお願いしています。

初診カードは、当ページよりダウンロードできます。「初診カード 印刷用PDF」よりダウンロード・印刷・ご記入いただき、来院時に施術師へお渡し下さい。

検査を大切にしています

カイロプラクティックは、他の手技療法より検査に時間をかけるかもしれません。

当治療院では、カイロプラクティック・整形学検査を重視しており、初診時の施術では検査に時間を要します。とくに慢性化した症状は、これまでの経過や痛みの性質などの詳細な情報が、より的確な施術をプログラムするうえで大切になります。

そこで、当治療院がおこなっている検査のなかで、重視している3つの検査についてご説明いたします。

A 症状部位と神経支配

症状部位を支配する神経の経路をたどりながら、症状の根本にある働き(緊張度・トーン)を失調している神経を推察します。

B 脊柱両側の皮膚温差

神経の働き(緊張度)は、脊柱両側に皮膚温差として現れます。そこで、神経の働きのバランスを阻害している脊柱高位をあきらかにします。

C 脊柱の固着や姿勢の歪み

症状と皮膚温差が示す脊柱高位を中心に関節機能を測定しながら、施術すべ脊柱の固着や姿勢の歪みを定めます。

症状とは異なる部位の検査

当治療院では、カイロプラクティック検査と整形学検査を組み合わせて、各人の病態を検査しています。そのなかには、症状と異なる部位を検査していると、疑問に思われるものがあるかもしれません。

たとえば、膝裏や足先が痛い・痺れるのに腰部を検査する

それは、症状をつくっている部位・組織を支配している神経の走行をたどりながら、症状に責任のある脊柱高位を探っているからです。そして、この脊柱高位を中心に歪みや固着を検査しながら、操作・矯正刺激を施す方向を明らかにしているのです。


脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み