施術の流れ


Flow

基本とする施術の流れ

カイロプラクティックというと、脊柱をポキポキと矯正するだけというイメージがあるかもしれません。しかし、カイロプラクティックにおける手技・テクニックは、この矯正(アジャストメント・Adjustment)が全てではありません。

お一人おひとりの症状に合わせて、施術方法を変化させ、応用してゆかなければなりません。そのため、カイロプラクティックには、いくつもの手技・テクニックがあります。

当治療院では、正しく検査をおこない、各人に最適の手技・テクニックを用いて、問題となる脊柱の歪みに操作・矯正刺激を施すことを基本として、以下の手順で進めていきます。

1.問診

発症の経過、痛みの部位、痛みの性質、増悪因子などを詳しくお聞きすることで、およその施術すべき問題が明らかになります。その判断が正しいのかを検査によって確認します。

患者さんからの情報が、検査を正確なものにしますので、気にかかる症状があれば、些細なことでもお話し下さい。

2.検査

問診でお聞きした症状部位を確認しながら、姿勢の歪み、関節の可動性、脊柱両側の温度差を測定します。症状に関連する脊柱高位として、神経の働きにバランスを欠いた部位を調べます。

施術すべき脊柱高位を特定し、背骨の歪みや固着を動かしながら、矯正刺激を加える方向、力度をはかります。

3.矯正前の準備操作

検査の結果と施術へのご希望を合わせて、各人に適したプログラムで操作・矯正を施していきます。

まずは、準備操作として矯正刺激を施す前に、脊柱全体へ押圧を施します。

さらに、症状の責任高位へ牽引や運動刺激を加えながら、硬くなった関節をゆるめ、矯正刺激を施しやすくします。

4.脊柱への矯正刺激

症状の責任高位には、手技や矯正テーブルを用いて、歪みを整える方向に矯正刺激を加えます。このとき、関節内の過剰な圧が低下することで、ポキッという音が聞こえるかもしれません。

各症状の責任高位の詳細は、施術方針・原因症状とともに「症状別談話室」に記載してあります。

5.補助療法(マニピュレーション・鍼療法)

カイロプラクティック コースでは、四肢からの関節操作を追加します。関節組織の変性が予想される慢性化した症状は、この操作・運動刺激を重視します。

内臓マニピュレーション コースでは、症状に関する臓器の可動性や自動性の回復を促すように、内臓の周辺組織にみられる過緊張を軽減する操作を施します。

カイロプラクティック・鍼 コースでは、筋肉のコリ感や表在性に痛みを中心に、関節への運動刺激の代わりとして鍼刺激を用います。

6.安静・説明

治療刺激が治癒力を促すように、10分ほどベッドでお休みいただきます。その後、施術前と比較しながら施術効果を検証します。

施術計画や日常の注意事項をご説明しながら、必要に応じて円皮鍼を施し、今回の施術を終了いたします。


脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み