施術の手順

各施術コースは、以下の手順で進めていきます。また、カイロプラクティック コースの場合(Ⅰ)はマニピュレーションとして“筋肉への操作”を、内臓マニピュレーション コースの場合(Ⅱ)は“内臓への操作”を、カイロプラクティック・鍼 コースの場合(Ⅲ)は“鍼による刺激”を、それぞれ追加して施術をおこまいます。


(1)問診・検査

(2)脊柱への準備操作

(3)脊柱への矯正

・手技による矯正

・テーブルによる矯正

(4)マニピュレーション

1)筋肉への操作:カイロプラクティック コースに適応 … Ⅰ

2)内臓への操作:内臓マニピュレーション コースに適応 … Ⅱ

(4)鍼療法

3)鍼による刺激:カイロプラクティック・鍼 コースに適応 … Ⅲ

(5)評価・円皮鍼

Ⅰ.カイロプラクティック コース

1 問診・検査

問診でお聞きした症状部位を確認しながら、姿勢の歪みを分析したり、関節の可動域を測定したりします。さらに、脊柱両側の温度差を測定して、神経の働きにバランスを欠いた脊柱高位を調べます。これらの検査結果や施術へのご希望を合わせて、各人に適したプログラムで操作・矯正を施していきます。


症状に関連する脊柱高位を中心に関節への柔軟操作をおこないながら、脊柱矯正(アジャストメント)を施しやすい状態に整えます。また、姿勢の“要”である脊柱に運動刺激を加えながら、全体的に治癒力を促します。


症状に関連する脊柱高位へ、手技による矯正を施します。一つの椎骨に対して、歪みを整える方向に矯正刺激を加えます。矯正を施すとき、関節内の過剰な圧が低下することで、ポキッという音が聞こえるかもしれません。


症状に関与するバランスを広い意味からみて、姿勢を整える方向に複合的な矯正を施します。病態によっては矯正テーブルをもちいて、歪みを整える方向に矯正刺激を加えます。


カイロプラクティック コースの場合は、四肢からの関節操作を追加しながら、脊柱矯正の効果を促します。とくに、関節の変性・変形が予想される慢性化した症状は、関節への操作・運動刺激を重視します。



※ 内臓マニピュレーション コース、カイロプラクティック・鍼 コースの場合は、下記に解説があります。

施術前の測定値と比較しながら施術効果を検証します。さらに、施術計画や日常の注意事項をご説明しながら、必要に応じて円皮鍼を施し、今回の施術を終了いたします。


Ⅱ.内臓マニピュレーション コース

4.2 マニピュレーション(内臓への操作)

症状をつくる内臓と関連する脊柱高位へ、準備操作・矯正刺激を施します。そして、その目標とする内臓の周辺組織にみられる過緊張を軽減するように、ゆるやかな力でマニピュレーションをおこないます。

内臓は、自発的に運動したり呼吸に伴って運動したりしています。また各内臓には、固有の運動があります。そこで、臓器の可動性や自動性の回復を促すように、内臓へのマニピュレーション操作を追加しておこないます。

Ⅲ.カイロプラクティック・鍼 コース

4.3 鍼療法(鍼による刺激)

歪みを整える方向に矯正刺激を施すと、歪みを補正してきた筋肉のコリが表面に現れます。そして、この現れた筋肉のコリは、再び歪みのある状態にもどろうと作用します。とくに、筋肉のコリ感が著しい場合は、鍼療法を追加して施すことがあります。

また、内臓に関する症状、自律神経に関する症状、ホルモンに関する症状において、鍼療法の効果が科学的に示されている例が多数あります。カイロプラクティックとの併用が望ましいと思われるときも、お勧めしています。