マニピュレーション コース


Treatment

コースの特徴

「頸椎・胸椎‐肩甲骨・鎖骨-上腕」「腰椎‐骨盤-股関節・膝関節」は、一つのユニットとして協調して可動しています。そのため、脊柱に歪みや固着があると関連する関節にも悪影響がおよび、症状をより複雑で治り難くします。

・慢性化した症状にはマニピュレーションを追加

とくに症状が慢性化するなかで、脊柱と協調して可動している上肢や下肢にも機能障害を広げてゆきます。そして、この機能障害が脊柱の働きを損ねて歪みや固着を悪化させながら、自然治癒力を司っている神経系のネットワークの乱れ(緊張度の過不足)を助長してゆきます。

そこで、脊柱の責任高位に操作・矯正刺激を施した後、症状部位と協調して働いている領域の関節に対して、低下した関節機能の回復を促してゆきます。四肢からの運動操作・矯正として関節マニピュレーション、ゆるやかな関節テクニックとしてモビライゼーション・ストレッチを施します。

症状によっては、内臓を支配する神経系を重視した脊柱への操作・矯正刺激に、内臓マニピュレーションを合わせておこないます。内臓を包み、支持している組織の緊張を緩和するようにマニピュレーションを施すことで、内臓が本来もっている自由な動きの回復をはかります。

・自然治癒の働きを妨げない程度に

カイロプラクティックの原理原則に基づけば、症状に関連する脊柱高位に操作・矯正刺激を施し、自然治癒力を促すための感覚受容器を刺激した後は、症状の軽減や回復を自然治癒力の働きにゆだねるべきなのかもしれません。

マニピュレーション コースは、この原理原則からは外れた施術方法なのかもしれません。一方、カイロプラクティックには、それぞれの患者さんの様々な症状に対応する多くのテクニックがあります。当治療院は、後者を支持するものです。ただし・・・

からだは、いろいろな治療刺激を加えると混乱して、どの刺激に反応すれば良いのか判断できなくなるといわれます。自然治癒がうまく作用せず、症状の軽減や回復を妨げることがないよう、関節および内臓へのマニピュレーションは、あくまでも脊柱への操作・矯正刺激の補助療法と考えております。



脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み