症状に合わせた施術

施術の適応症

ゆるめて、動かして、整えます

症状が慢性化するなかで緊張した状態が持続すると、やがて筋肉にコリがつくられます。すると、血液の流れが悪くなり、疲労物質が蓄積したり、栄養や酸素の供給が阻害されたりします。そして、小さな刺激も痛みとして感じるようになり、緊張度やコリ感を増悪する悪循環が形成されます。

筋肉のコリは、関節をかたくして動きを悪くします。かたくなった関節は、動かすたび過剰な刺激が生じるようになります。その刺激によって痛みと緊張が増すことで、ますます関節は固着していきます。このような関節の機能障害は、やがて関節に歪みをつくっていきます。

当治療院の施術は、症状が増悪した経過を逆回りに紐解くように、症状の根本にある原因を検査・分析します。そして、“脊柱の歪み・神経の緊張度を整える”ことを中心に施術をプログラムします。(参考に;機能の改善が悪循環を断ち切る


各施術コースの特徴


カイロプラクティック コース

カイロプラクティックの原理原則に基づき、症状に関連する脊柱高位を検査し、その歪みや固着を整える方向に操作・矯正刺激を施します。こうして自然治癒力を促すための感覚受容器を刺激した後は、症状の軽減や回復を自然治癒力の働きにゆだねます。

脊柱への操作・矯正刺激のみ

カイロプラクティックでは、病気を癒す力(自然治癒力)の源が脳にあると考えています。脳には、生命を維持するための情報が全て備わっています。その脳からの指令が、100%身体の隅々にまで行き渡るとき、人は健康を維持することができるのです。

ところが、この神経系のネットワークに乱れ(緊張度の過不足)が生じることがあります。とくに脊柱は、日常生活のなかで大きな負担がかかっており、無理が重なって障害されやすい場所となります。そのため、脊柱を中心として施術をおこなうのです。

全ての症状に共通する根本療法として

日頃から相当の負担がかかっている頸椎や腰椎には、歪みや固着が生じやすくなります。そして、この歪みや固着を根本原因として、頭痛・肩こり・腰痛・膝の痛みなどがおこります。また、症状が慢性化するに従って、自律神経の働きも乱れるようになります。すると、冷え・ほてり・精神的なイライラ・不眠・下痢・便秘・全身の倦怠感などの不定愁訴が生じることもあります。

カイロプラクティック コースは、全ての症状に共通する根本療法として、来院された患者さんの多くに適応しています。


マニピュレーション コース

「頸椎・胸椎‐肩甲骨・鎖骨-上腕」「腰椎‐骨盤-股関節・膝関節」は、一つのユニットとして協調して可動しています。そのため、脊柱に歪みや固着があると関連する関節にも悪影響がおよび、症状をより複雑で治り難くします。

慢性化した症状にはマニピュレーションを追加

とくに症状が慢性化するなかで、脊柱と協調して可動している上肢や下肢にも機能障害を広げてゆきます。そして、この機能障害が脊柱の働きを損ねて歪みや固着を悪化させながら、自然治癒力を司っている神経系のネットワークの乱れ(緊張度の過不足)を助長してゆきます。

そこで、脊柱の責任高位に操作・矯正刺激を施した後、症状部位と協調して働いている領域の関節に対して、低下した関節機能の回復を促してゆきます。四肢からの運動操作・矯正として関節マニピュレーション、ゆるやかな関節テクニックとしてモビライゼーション・ストレッチを施します。

症状によっては、内臓を支配する神経系を重視した脊柱への操作・矯正刺激に、内臓マニピュレーションを合わせておこないます。内臓を包み、支持している組織の緊張を緩和するようにマニピュレーションを施すことで、内臓が本来もっている自由な動きの回復をはかります。

自然治癒の働きを妨げない程度に

カイロプラクティックの原理原則に基づけば、症状に関連する脊柱高位に操作・矯正刺激を施し、自然治癒力を促すための感覚受容器を刺激した後は、症状の軽減や回復を自然治癒力の働きにゆだねるべきなのかもしれません。

マニピュレーション コースは、この原理原則からは外れた施術方法なのかもしれません。一方、カイロプラクティックには、それぞれの患者さんの様々な症状に対応する多くのテクニックがあります。当治療院は、後者を支持するものです。ただし・・・

からだは、いろいろな治療刺激を加えると混乱して、どの刺激に反応すれば良いのか判断できなくなるといわれます。自然治癒がうまく作用せず、症状の軽減や回復を妨げることがないよう、関節および内臓へのマニピュレーションは、あくまでも脊柱への操作・矯正刺激の補助療法と考えております。


カイロプラクティック・鍼 コース

脊柱への操作・矯正に加えて、鍼療法を施します。内臓に関連する症状では、内臓マニピュレーションに加えて、反応点(ツボ)へ鍼刺激を施すことがあります。また、肩こり・腰痛などにおいても、筋肉のコリを鍼刺激によりゆるめるときに適応します。(参考に;補助療法として、円皮鍼・鍼療法)

ただし、当治療院では特別な症状を除いて、最初の施術から鍼療法を適応することはありません。はじめて施術を受けられる方には、まずは脊柱への操作・矯正刺激を主とした療法を受けていただきます。そして、施術効果をはかりながら、鍼療法の併用を検討します。

手技を鍼刺激の代用として

病院にて神経ブロック注射がおこなわれる部位の多くは、古くからのツボ(経穴)と類似しており、鍼療法が施される部位でもあります。ただ、神経周辺を刺鍼の標的とするため、「こわいな~」と感じられる患者さんが少なくないようです。そのような場合は、鍼刺激の代わりに、手技の押圧による物理的な刺激を用います。

東西の手技の融合として

東洋医学でいわれる経絡は、各臓腑を結んで全身をめくる“気”の通り道です。「過不足のない流れが健康を司る」というところは、神経系の働きを重視するカイロプラクティックにも通じます。そこで、カイロプラクティックにある科学と東洋医学の古典を結ぶ手技として、内臓マニピュレーションに注目しています。

脊柱矯正・鍼療法 ほんがわ治療院
171-0022 東京都豊島区南池袋 2-13-10 キャッスル小林3階
03-3988-3467 完全予約制
momiryouzi@hkg.odn.ne.jp