施術の適応症

運動器疾患による機能障害として

首や肩こり、五十肩、背中のはり感、腰痛、膝関節痛 など

随伴する不定愁訴として

手足の冷え・ほてり、精神的イライラ、頭痛、不眠、便秘、何となく感じるだるさ・全身の倦怠感 など


当治療院には、慢性化した運動器疾患による機能障害として、首や肩のコリ・五十肩・背中のはり・腰痛・膝関節痛を訴える患者さんが多く来院されます。

「急に腰が痛くなった」と訴える方でも、日頃からの腰への負担が重なり、痛みを発症したという場合があります。 また、慢性化した症状がこじれて、複数の症状が絡み合ったような病態を呈していることもあります。そして、痛みが長期にわたり続くことで、更年期や自律神経の症状が現れたりする方もおいでになります。

施術を適応とする症状

からだを動かすと楽、ストレッチが心地良い、風呂に入る(温める)と楽

施術を不適応とする症状

痛くて動かすことや寝返りをすることもできない、動くたびにズキンとした痛みが走る、だんだん痛くなる、ズキズキした痛みがとても辛い、腫れ・熱感・発赤(炎症)が強い


当治療院には、様々な症状を訴える患者さんが来院されます。その多くは、施術が適応と考えられます。ただし、上記にみる不適応とする症状がある場合、まずは、かかりつけの医師にひと言ご相談されることをお勧めします。また、詳細は「注意すべき症状として」をご確認ください。

1) 鍼療法やマッサージを主とした施術
2) リラクゼーションを目的とする施術
3) 時間を指定されたマッサージ・押圧

当治療院は、脊柱への操作・矯正を中心とした施術をおこなっています。そのため、上記のようなご希望には、当治療院の施術スタイルは不適当かと存じます。どうぞ、ご理解ください。

※ 当治療院にご来院いただく患者さんに多くみかける症状について、その原因や施術方法などの情報を記してあります。ぜひとも、「各症状への施術」をご参照ください。