病態に合わせた施術

症状が慢性化するなかで緊張した状態が持続すると、やがて筋肉にコリがつくられます。すると、血液の流れが悪くなり、疲労物質が蓄積したり、栄養や酸素の供給が阻害されたりします。そして、小さな刺激も痛みとして感じるようになり、緊張度やコリ感を増悪する悪循環が形成されます。

筋肉のコリは、関節をかたくして動きを悪くします。かたくなった関節は、動かすたび過剰な刺激が生じるようになります。その刺激によって痛みと緊張が増すことで、ますます関節は固着していきます。このような関節の機能障害は、やがて関節に歪みをつくっていきます。

当治療院の施術は、症状が増悪した経過を逆回りに紐解くように、症状の根本にある原因を検査・分析します。そして、“脊柱の歪み・神経の緊張度を整える”ことを中心に施術をプログラムします。(参考に;機能の改善が悪循環を断ち切る

各施術コースの特徴

カイロプラクティック コース

症状の責任高位を中心に、集中して脊柱操作・矯正を施します。その他に、全体のバランスをとる意味で、頸椎・胸椎・腰椎に矯正刺激を施します。

肩こり、腰痛のほか、内臓に関連する反応が脊柱にみられるときなど、多くの症状に適応します。当治療院が基礎としている施術コースです。

内臓マニピュレーション コース

内臓を包み、支持している組織にみられる緊張を緩和するように、マニピュレーション操作を施します。こうして、内臓が本来もっている自由な動きの回復を促します。

また、各内臓を支配する神経系を重視し、脊柱への操作・矯正刺激と合わせて施術をおこないます。(参考に;歪みを目安に機能を改善する

カイロプラクティックによる脊柱への操作・矯正に加えて、鍼療法を施します。(参考に;補助療法として、円皮鍼・鍼療法

内臓に関連する症状では、内臓マニピュレーションに加えて、反応点(ツボ)へ鍼刺激を施すことがあります。また、肩こり・腰痛などにおいても、筋肉のコリを鍼刺激によりゆるめるときに適応します。

【 鍼刺激の代用としての手技 】

病院にて神経ブロック注射がおこなわれる部位の多くは、古来からのツボ(経穴)と類似しており、鍼療法が施される部位でもあります。

ただ、神経周辺を刺鍼の標的とするため、「こわいな~」と感じられる患者さんが少なくないようです。そのような場合は、鍼刺激の代わりに、手技の押圧による物理的な刺激を用います。


【 東西の手技の融合として 】

東洋医学でいわれる“経絡”は、各臓腑を結んで全身をめくる“気”の通り道です。「過不足のない流れが健康を司る」というところは、神経系の働きを重視するカイロプラクティックにも通じます。そこで、カイロプラクティックにある科学と東洋医学の古典を結ぶ手技として、内臓マニピュレーションに注目しています。