施術の特徴・長所


About us

ゆるめて、動かして、整えます

症状が慢性化するなかで緊張した状態が持続すると、やがて筋肉にコリがつくられます。すると、血液の流れが悪くなり、疲労物質が蓄積したり、栄養や酸素の供給が阻害されたりします。そして、小さな刺激も痛みとして感じるようになり、緊張度やコリ感を増悪する悪循環が形成されます。

筋肉のコリは、関節をかたくして動きを悪くします。かたくなった関節は、動かすたび過剰な刺激が生じるようになります。

その過剰な刺激によって痛みと緊張が増すことで、ますます関節は固着していきます。このような関節の機能障害は、やがて関節に歪みをつくっていきます。

当治療院の施術は、症状が増悪した経過を逆回りに紐解くように、症状の根本にある原因を検査・分析します。そして、“脊柱の歪み・神経の緊張度を整える”ことを中心に施術をプログラムします。

機能を改善し、緊張度を整える領域

当治療院の施術を説明するにあたり、「脊柱の歪みをまっすぐに整える療法」という表現は正確ではありません。症状に関連する脊柱の歪みや固着に、手による圧力と緊張を効果的に加えることで、神経のトーン(緊張度)を整える療法だとご理解ください。

正常な関節の可動域は、自分で動かせる角度よりも、他人に動かしてもらう方が、もう少し深く曲げることができます。関節の可動域に“遊び”の部分があるから、ストレスもなく滑らかに動かすことができるのです。ところが、関節に固着や歪みが生じると、可動域に遊びの部分が失われます。すると、ギシギシと動かすたびに、関節の周囲にたくさんある知覚神経を刺激するようになります。

とくに、脊柱からは、全身に分布する神経が出入りするので、その影響を強く受けます。そして、神経の働きが乱れると、その支配領域の自然治癒力が阻害され、さまざまな症状の根本原因をつくります。

そこで、症状の関連する脊柱を中心に、遊びの部分に可動性の減少がみられる関節面に沿って、振幅の短い矯正刺激を施します。こうして関節機能を改善していくことで、神経の働き(トーン・緊張度)が整い、自然治癒力が促されていきます。

操作・矯正刺激は、失われた関節の“遊び”の部分という小さな領域に、小さな力で施されます。そのため、慢性症状により弱化した組織を傷つけるような粗暴な手技では、決してありません。

補助療法として、円皮鍼・鍼療法

症状が慢性化すると、筋肉にコリをつくりながら歪んだ脊柱のバランスをとろうとします。そのため、歪みを整える方向に矯正刺激を施すと、これまで歪みを補正してきた筋肉のコリが表面に浮き出てきます。そして、この筋肉のコリが、再び歪みのある状態にもどろうと作用します。

このようなときは、矯正刺激により現れた筋肉のコリをゆるめることで、より施術効果が向上します。

当治療院では、矯正刺激を施した後に現れる筋肉のコリに対して、鍼療法として円皮鍼を用いています。円皮鍼は、持続した効能として痛み感覚を抑制する刺激としてもはたらきます。このような脊柱操作・矯正の後療法(アプローチ)に、当治療院の施術の特徴があります。


脊柱矯正・鍼療法

ほんがわ治療院

171-0022
東京都豊島区南池袋2-13-10 キャッスル小林3階

03-3988-3467 完全予約制

momiryouzi@hkg.odn.ne.jp

施術時間
月・火:10:00〜12:00,15:00〜18:00
水・木:お休み
金・土:10:00〜12:00,15:00〜18:00
日・祝:お休み