カイロプラクティックとは

ダニエル・デビット・パーマー(D.D.Palmer)は、カイロプラクティックの創始者です。バートレット・ジョシュア・パーマー(B.J.Palmer)は、父、D.D.パーマーにより創始されたカイロプラクティックを発展させ、上部頸椎カイロプラクティックを提唱しました。

ダニエル・デイビット・パーマー(D.D.Palmer)は、カイロプラクティックの創始者です。D.D.パーマーは、多くの患者さんの苦しみを和らげるために研究を重ねた結果、次のような疑問を抱きます。

ある人が病気になっても、同じ店の同じ作業台で仕事をしている同僚が、なぜ同じ病気に罹らないのだろうか?

この疑問から「病気の原因は、身体の外部にあるのではない」と推察しました。それでは、何が原因となり、病気が発症するのでしょうか。

D.D.パーマーが、この疑問に解答を得たのは、1895年9月に初めて脊椎矯正をおこなったときです。最初に脊椎矯正を受けたのは、ハーベイ・リラードでした。彼は、耳が不自由で、通りを行く馬車の音さえ聞こえませんでした。D.D.パーマーは、彼が17年前、無理な姿勢でかがんだとき、背中がガクッと崩れるような気がして、それと同時に耳が聞こえなくなったという経緯を知っていました。そこでD.D.パーマーは、彼の身体を調べてみました。すると、脊柱のひとつが、正常な位置から歪んでいたのです。

この脊柱を元の位置に戻せば、彼の聴力は回復するかもしれない。

D.D.パーマーは、問題の脊柱部に手をかけて、正常な位置に戻すように刺激を加えました。すると間もなく、彼の聴力は回復したのです。これが、D.D.パーマーの「脊柱を矯正する」という新しい健康科学を世に送りだす第一歩となった出来事です。

この「脊柱を矯正する」という治療方法は、薬やメスを使用せず「手」によって病気の根源を取り除く医療として、ギリシャ語の「手」Chiroと「施す」Practicosを組み合わせて「カイロプラクティック」と命名されました。

バートレット・ジョシュア・パーマー(B.J.Palmer)は、父であるD.D.パーマーにより創始されたカイロプラクティックを発展させ、上部頸椎カイロプラクティックを提唱しました。やがて、カイロプラクティックは多方面に進歩しながら、世界各地へと広がっていきます。(参考に;自然治癒力の源は、どこにある?

カイロプラクティックには、さまざまな手技や理論があります。そのなかで当治療院は、神経の緊張度(機能・働き)と脊柱の歪みとの関係を重視したテクニックを用いています。

「構造は、機能を支配する」とされます。脊柱に歪みがあると、脊柱の働きも悪くなります。けれども、歪みの大きさが症状に比例するとは限りません。

もしも、症状の増悪が脊柱の歪みの度合いに比例するなら、腰が大きく曲がったお年寄りが、スタスタと歩いている姿が説明できません。

脊柱は、体を支える“柱”の役割とともに、脊髄を通す“管”や脊髄から全身に伸びる神経が出入りする“穴”を構成しています。そのため脊柱に歪みが生じると、神経の働きを阻害して緊張度に過不足をつくります。

神経の機能障害、緊張度の過不足こそ、症状の根本にある原因となります。

カイロプラクティックの創始者であるD.D.パーマーは、病気の根本原因が、神経の緊張度(トーン)の過不足にあると説いています(増田,2000)。そして、この神経の緊張度に乱れをつくる障害部位が「脊柱」というのです。そのため、脊柱の固着や歪みを癒し機能を改善することを中心に施術をおこなうのです。

脳-脊髄からつながる神経は、脊柱の各高位にある穴(椎間孔)から出入りして、それぞれの領域・器官を支配しています。ところが、ある高位で脊柱機能が障害されると、そこを通る神経も過剰な刺激を受けて、支配領域の緊張度・機能を乱します。すると、神経による統制を乱した部位・組織は、自然治癒力が低下して、やがて病的な状態におちいります。

上記の図は、脊柱高位と神経分節に関連した症状を示しています。

カイロプラクティックの治効理論に従い、神経機能の乱れを「病の根本原因」と理解します。そして、第一に症状の「要」にある脊柱に歪みを整える方向に、操作・矯正刺激を施します。すると、その刺激が関節機能の改善を促すなかで、動きは増大していきます。関節の動きが増大することで、筋肉も十分に伸長・リラックスされ、症状の根底にある緊張度の過不足も緩和されます。

痛みやストレスによる刺激は、筋肉にコリをつくります。すると関節の可動性が減少したり、血液循環を阻害したりします。そして、組織に酸素欠乏をきたすと発痛物質が放出されます。これにより新たな痛みが加えられ、次々と痛みを増幅させていくという「痛みの悪循環」におちいります。

長期にわたり血液循環が阻害された状態が続くと、関節周辺の軟部組織に変性が現れます。そして、関節組織をこわばらせ、動くたびに過剰な刺激が生じます。この過剰な刺激が痛みとなり、さらに筋肉をこわばらせながら、痛みの悪循環を形成していきます。

痛みの悪循環が、脊柱で神経系の働きを阻害すると、複合的な病態を呈するようになります。

そこで、脊柱の歪みを整える方向に操作・矯正を施します。そして、「血液循環、筋肉のコリ、関節の可動性、緊張度」といった可逆的因子を改善することで、この悪循環を断ち切り、症状の改善をはかっていきます。(参考に;ゆるめて、動かして、整えます

また、ストレスや婦人科症状など、運動器疾患以外の症状で緊張度のバランスが失調しても、痛みの悪循環が形成されると様々な不定愁訴が生じます。そのような場合、関節操作・矯正を施すことで体調が整い、良い効果を示す例が多く報告されています。

当治療院の施術を説明するにあたり、「脊柱の歪みをまっすぐに整える療法」という表現は正確ではありません。症状に関連する脊柱の歪みや固着に、手による圧力と緊張を効果的に加えることで、神経のトーン(緊張度)を整える療法だとご理解ください。

正常な関節の可動域は、自分で動かせる角度よりも、他人に動かしてもらう方が、もう少し深く曲げることができます。関節の可動域に“遊び”の部分があるから、ストレスもなく滑らかに動かすことができるのです。ところが、関節に固着や歪みが生じると、可動域に遊びの部分が失われます。すると、ギシギシと動かすたびに、関節の周囲にたくさんある知覚神経を刺激するようになります。とくに、脊柱からは、全身に分布する神経が出入りするので、その影響を強く受けます。そして、神経の働きが乱れると、その支配領域の自然治癒力が阻害され、さまざまな症状の根本原因をつくります。

そこで、症状の関連する脊柱を中心に、遊びの部分に可動性の減少がみられる関節面に沿って、振幅の短い矯正刺激を施します。こうして関節機能を改善していくことで、神経の働き(トーン・緊張度)が整い、自然治癒力が促されていきます。

操作・矯正刺激は、失われた関節の“遊び”の部分という小さな領域に、小さな力で施されます。そのため、慢性症状により弱化した組織を傷つけるような粗暴な手技では、決してありません。

症状が慢性化すると、筋肉にコリをつくりながら歪んだ脊柱のバランスをとろうとします。そのため、歪みを整える方向に矯正刺激を施すと、これまで歪みを補正してきた筋肉のコリが表面に浮き出てきます。そして、この筋肉のコリが、再び歪みのある状態にもどろうと作用します。このようなときは、矯正刺激により現れた筋肉のコリをゆるめることで、より施術効果が向上します。

当治療院では、矯正刺激を施した後に現れる筋肉のコリに対して、鍼療法として円皮鍼を用いています。円皮鍼は、持続した効能として痛み感覚を抑制する刺激としてもはたらきます。このような脊柱操作・矯正の後療法(アプローチ)に、当治療院の施術の特徴があります。


増田裕(2000)カイロプラクティックの基本原則はトーンである.カイロプラクティック神経学(3).Spinal Column.103:p.8-9.